北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧市美沢地区にカフェ誕生 元酪農業の大島さん一家が自宅改装

カフェを開業した大島さん一家(右から理華さん、敏之さん、光揮さん)

 苫小牧市美沢に12日、「Cafe Buchi(カフェ・ブチ)」がオープンした。酪農業を営んでいた大島敏之さん(56)一家が創業から半世紀の大島牧場を閉じ心機一転、自宅を改装して開業。酪農地帯、美沢地区では初の個人経営カフェとなり、大島さんは「素晴らしい環境、景色の憩いの場として定着させたい」と意欲を見せている。

 大島牧場は敏之さんの父春夫さん(85)が、1970年に設立。敏之さんは84年ごろから経営に携わってきた。近年は乳牛約50頭を飼育していたが徐々に仕事を一人で担うようになると体力的に厳しく、将来性に不安を感じるようになったという敏之さん。老朽化した農機具の更新などに多額の費用が掛かることもあり、妻理華さん(45)とカフェ開業を決意した。

 もともとカフェ開業が夢だった理華さんは昨春、千歳市内のカフェで修業を開始。昨夏から乳牛の飼育数を徐々に減らしていた。半世紀続いた牧場を閉じることに葛藤も抱えていたが、同年9月に胆振東部地震が発生。牛舎の壁がひび割れするなど被害を受け、同年12月、牧場を正式に閉じた。

 敏之さんはカフェの雰囲気に合わせ、木のぬくもりを生かしたテーブルやいすなどを手作り。理華さんは軽食やスイーツなどのメニューを考え、試作と試食を繰り返した。長男の光揮さん(19)もロゴマーク製作などを担った。

 店名は一昨年に亡くなった愛犬「ブチ」から取った。3人それぞれの特技を生かし、準備を進めてきた。

 敏之さんは普段から1杯ずつドリップするコーヒーにこだわり、豆はスペシャリティーコーヒーで知られる恵庭の「珈琲きゃろっと」から仕入れる。理華さんはタルトやチーズケーキなどのスイーツ、焼きチーズカレーなどのメニューを提供する。理華さんは「牛乳を加工して使うことで農家を応援したい」と語る。

 カフェは白色の壁にオレンジ色の屋根で、店舗前に広がる牧草地帯などの景色に映える。当面は夫婦2人で営む予定。

 2人は「美沢にとっては当たり前の景色かもしれないが、とても落ち着けて安心できる場所。新千歳空港やノーザンホースパークからも近く、地元の人も観光客も立ち寄ってひと息ついてほしい」とアピール。オープン日の語呂にかけて「いっち、にー、いっち、にーで頑張っていきたい」と話している。

 カフェの場所は、苫小牧市美沢118の美沢跨線橋付近。営業時間は午前11時~午後7時(ラストオーダー午後6時)。定休日は火曜、第2・第4水曜。

関連記事

函館新聞

昭和の日用品・家電を展示 函館博物館【函館】

 市立函館博物館(青柳町)で収蔵資料展「昭和・なつかしの暮らし展」が開かれている。昭和30~40年代の暮らしを支えた日用品や電化製品など約300点が展示され、来場者の目を楽しませている。期間は今...

函館新聞

文化財防火デー 東本願寺函館別院で消防訓練【函館】

 1月26日の「文化財防火デー」に合わせ、函館市元町の東本願寺函館別院で27日、消防訓練が行われた。同別院の職員や市消防本部の隊員ら約20人が、火災発生時の対応を確認した。  同別院での訓練...

釧路新聞

中国人客キャンセル相次ぐ【釧路】

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大により、中国政府が27日から国民の海外への団体旅行を禁止したことで、釧路管内でも影響が出始めた。中国で大型連休となる「春節」(旧正月)期間と重なり、本来は...

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...