北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

北海食品の工房で「寿昆布」の製造ピーク【壮瞥】

最盛期を迎えている寿昆布の製造(壮瞥町の工房)

 寿昆布の北海食品(伊達市竹原町、伊藤広樹代表取締役)では、「寿昆布」の製造が最盛期を迎えている。水で戻すと「寿」といった文字などになる昆布でおせちなどに使われる。壮瞥町滝之町の工房で職員が丁寧に作業を進めている。

 寿昆布は青森を拠点にしていた1988年(昭和63年)に製造を始め、90年に特許を取得した。

 根室産の長昆布を原料に使用。他の昆布に比べて水に戻る時間が早い。さらに波を打たず、平らで文字を抜きやすく、色を茶から緑に変化させやすいことが採用する理由だ。

 乾燥した長昆布を水で戻し、伸びた状態で煮沸し、緑にする。レーザーで形を作り洗浄。一晩置いて一つずつ並べていく。工程の多くは手作業で行われている。

 製品は全国の温泉地にある一流ホテルや豪華客船、結婚式場などで提供される料理、おせちなどにも採用されている。

 正月を前にしたこの時期は「寿」や「迎春」などの文字はもちろん、扇子の中に「寿」や、船やホテルの名前を入れた物も目立つ。今年は新元号「令和」の文字を扇子や梅の花を土台に入れる注文も多いという。

 伊藤代表取締役は「皆さんに愛される商品を作りたい。デザインから製造まで1個ずつ吟味して作っていきたい」と話している。

 業務用だが、市販品もある。1パック200~750円(税別)。ホームページやファクス(0142・82局4544番)で注文を受け付けている。

 問い合わせは北海食品、電話0142・82局4533番へ。

関連記事

室蘭民報

アクトプランニングが開発した「イタンキ昆布出汁」ヒット【室蘭】

販売千本を突破  室蘭市高砂町の人材サービス業、アクトプランニング(福士篤代表取締役)は昨年9月、「北海道室蘭イタンキ昆布出汁(だし)」を開発。以来、4カ月で販売本数は1千本を突破した。予想を上...

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...