北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

マラソンコース決定受け 東京五輪連携局を設置-道も準備作業本格化

東京五輪のマラソン・競歩開催支援に当たる職員たちを激励した鈴木知事(右)=20日午前9時ごろ、道庁

 札幌で行う2020年東京五輪のマラソンコースが19日に決定したことを受け、道は20日、道庁内に「東京オリンピック連携局」を新設した。専任部長級となる東京オリンピック連携推進監に阪正寛環境生活部次長を起用したほか、総勢11人の専従職員で構成。難航したコース選定の影響で、遅れ気味の準備作業を本格化させる。

 来年8月8日に女子マラソン、大会最終日の9日に男子マラソンが行われるコースは、北海道マラソンをベースに、前半20キロは市中心部を1周し、後半に前半の北側半分の約10キロを2周する変則的な3周コースで決着した。鈴木直道知事は19日夜、記者団に「札幌や北海道の象徴的な部分を世界の方に見ていただける。大変ありがたい」と述べた。

 道では、交通規制などさまざまな準備作業を推進するため、環境生活部内に東京オリンピック連携局を新設。20日付で部長級1人、次長級2人、課長級2人、主幹級3人などを配置する人事を発令した。

 鈴木知事は20日午前、五輪マラソン・競歩の札幌開催の支援に当たる大会組織委員会への派遣を含めた16人の職員を知事会議室に集めて激励。知事は「札幌開催が決定してから間もなく2カ月。きょうは新たなスタートを切る日」と強調。「競技本番まで残り約7カ月。前例なき、非常に短い期間での準備作業となる」と指摘し、「世界から大きな注目を集めるオリンピックの成功に向け、道としても皆さんを中心に、全庁一丸となって取り組んでいきたい」と職員に語り掛けた。

 阪オリンピック連携推進監は記者団の取材に「異例の短い期間での取り組みになる。短距離のダッシュの気持ちで、駆け抜けていきたい」と意気込みを示した。

関連記事

根室新聞

産学官金が連携 海鮮パスタソース開発【根室】

 根室で食品卸売業を営む根室商業協同組合(加藤順二理事長)と㈲伊藤畜産(伊藤泰通社長)はこのほど、産学官金連携による根室産水産物等を活用した新たな商品開発に取り組み、根室商工会議所、地元の水産...

根室新聞

オオハクチョウ 渡りに遅れか【根室】

 春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターは22日、今季最初のオオハクチョウ飛来数調査を風蓮湖、温根沼周辺で行った。確認羽数は392羽で、過去5年平均(1064.8羽)に比べて大幅に少なかった。同セ...

苫小牧民報

ししゃもやタラコ、特産品並ぶ 東胆振物産まつり開幕

 第37回東胆振物産まつり(同実行委員会主催)が23日、苫小牧市木場町のMEGAドン・キホーテ苫小牧店3階で開幕した。東胆振1市4町から12店が出店し、開始直後から多くの買い物客が訪れている。新...

苫小牧民報

25日に秋の食遊フェス 苫小牧の4社が共同企画-店同士のコラボ商品も

 食欲の秋を楽しもう―。苫小牧市内の飲食店などを集めた食と体験のイベント「秋のとまこまい食遊フェス」が25日、しらかば町3の空揚げ専門店「からあげ専科 鶏から屋しらかば店」の駐車スペースと近接する...

日高報知新聞

同級生がサポートし開催【新ひだか】

【新ひだか】三石歌笛の竹内良子さん(73)の「絵手紙展」が22日から、三石本町の町総合町民センターはまなすロビーで始まった。入場無料。  竹内さんは町内三石歌笛で美容室を営業。20年以上前、NHKの放...