北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

縄文土偶サミット【函館】

同一の展示ケースに収められた5体の国宝土偶の複製品

 国宝土偶のレプリカをはじめ、道南の縄文遺跡で出土した土偶を集めた企画展「縄文土偶サミット」が26日、市縄文文化センターで始まった。中空土偶をはじめとする国宝レプリカ5体が一列に並び、大きさや質感、体に施された文様などを鑑賞できる。

 南茅部地区出土の中空土偶の国宝指定10周年を記念した事業。国宝レプリカのほか、道南出土の土偶58点、関連出土品など計76点を集めた。国宝土偶は▽縄文のビーナス=長野県茅野市▽仮面の女神=同▽合掌土偶=青森県八戸市▽縄文の女神=山形県舟形町-と中空土偶の5体。展示ケースは周囲を歩くことができ、正面からだけではなく、各土偶の持つ普遍的な美しさをじっくりと眺めることができる。

 道南出土の土偶では逆三角形型で手足がなく上半身だけの出土品(松前・福山遺跡など)や、逆に顔だけが残された土偶(木古内・釜谷4遺跡など)、抽象的な表現になったもの(八雲・栄浜1遺跡)までさまざま。土製品やミニチュアの土器なども展示した。

 同センターの樋口五月学芸員は「土偶は生活品より出土数は少ないが、全国で見つかっており、何らかの大切な意味を持っていたもの。魅力的な土偶がそろっているので、じっくりと見てお気に入りの土偶を探してもらいたい」としている。

 9月3日午後1時から、トークセッション「中空土偶『茅空(かっくう)』の魅力」を開催。定員は50人。企画展は同24日まで。入館料は一般300円、学生150円。毎週月曜日休館。問い合わせは同センター(0138・25・2030)へ。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...