北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

開拓者 和十郎の子孫経営 新得温泉ホテル【新得】

 新得町開拓の祖・村山和十郎の子孫、村山和也さん(38)=帯広市在住=が、新得温泉ホテル(町上佐幌西3線)の新たな経営者となった。ホテルは来年のゴールデンウイークからの営業に向けて大改装中。先祖が開いた地の歴史ある温泉で、新たな客層の開拓を目指す。

来春からの営業に向けて改装が進む本館と村山さん(右)。左は改築のアドバイスなどで協力するカモインテリアサービス(帯広)の加茂与志雄さん

 山形県高崎村(現・東根市)の初代村長だった和十郎は1899(明治32)年、13戸の入植団を率いて旧人舞村に開拓のくわを下ろした。新得温泉は1902年に幕別から移住した箕浦庄吉が源泉を発見したのが始まり。大正中期には「箕浦温泉」として湯治客でにぎわい、70年に新得温泉の名称になった。

 村山さんは千葉市出身で、和十郎のやしゃごに当たる。不動産会社やリゾート運営会社に勤務し、独立を模索していたタイミングで、前経営者が売却の意向を持っていた新得温泉に出合った。新得とのつながりを知ったのは4年ほど前。「特に新得を意識していたわけではなく偶然だが、これも何かの縁」と話す。

 小学校時代からの友人が経営する東京の不動産会社が土地・建物を取得、村山さんが運営する。10月から総事業費約1億円を掛けて、内外装のリノベーションを行っている。千葉県内で貸別荘業を営む幼なじみがデザインを手掛け、ヨシダホーム(音更)が施工している。

 新施設の名称は「ALL SEASON RESORT 十勝新得温泉 和火」。客室数は、本館4室(16人)と新館9室(約30人)。新館は従来通り、主に合宿利用を想定。本館は浴場や食事スペースなども含め「簡素で閑寂な空間」に改装し、主に観光での利用を見込む。

 これまで冬季の宿泊が少なかったというが、「スキー場をはじめ観光資源はあり、アクセスもいい。打ち出し方次第では冬もお客さんを呼び込めると思うので、さまざまな仕掛けづくりを進めていきたい」と話す。

 来年3月ごろに予約サイトを開設する予定。

関連記事

十勝毎日新聞

ワイン城動画 海渡る 町出身の八木さん制作【池田】

 池田町出身の農業八木賢太郎さん(37)=帯広市在住=が撮影・編集したワイン城のPR動画が25日から、日本政府観光局(JNTO)のシンガポール、マレーシア・クアラルンプール両事務所のフェイスブック...

十勝毎日新聞

「邪神ちゃん」声優が市訪問 ばんえいコラボ【帯広】

 帯広市がふるさと納税を活用して制作する人気アニメ「邪神ちゃんドロップキック」の帯広編に関連し、同アニメとばんえい競馬の連携イベント(帯広市主催)が28日に開かれた。アニメに出演する声優による帯広...

十勝毎日新聞

スマホ通学定期を導入 窓口手続きいらず 十勝バス【帯広】

 十勝バス(帯広市、野村文吾社長)が26日から、スマートフォンがチケット代わりになる通学定期券の販売を一部路線で始めている。全国の交通機関で利用があるアプリ「バスもり!」を活用した。通学定期券の販...

函館新聞

色柄、素材さまざま/初のハンドメイドマスクマーケット【函館】

 地元のハンドメイド作家やクラフト作家によるマスクとマスクアイテムの展示即売会「ハンドメイドマスクマーケット」が28日、函館蔦屋書店で始まった。手作りの布マスクをはじめ、マスク用のホルダーやピア...

函館新聞

平日夜に大人向け企画を開始・はこだてみらい館【函館】

 函館市の公益施設、はこだてみらい館(函館市若松町、キラリス函館3階)は、平日夜を中心に大人向けの講座などを開く取り組み「#オトナみらい館」を開始した。  同館は縦2・4メートル、横14・4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス