北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「檜山海参」GI申請公示 早ければ4月にも登録

 農水省は、桧山産の乾燥ナマコをひやま漁協(本所・乙部町、工藤幸博組合長)がブランド化した「檜山海参(ヒヤマハイシェン)」について「地理的表示(GI)保護制度」の登録申請を公示した。来年3月23日までの意見書提出を経て、最短で4月にも登録される見通し。登録されれば、水産物では道内で初めて、道南ではジャガイモ「今金男しゃく」に次いで2例目となる。  GIは、産品の名称(地理的表示)を知的財産として登録、保護する制度で、道産品はこれまで同省が夕張メロン、十勝川西長いも、今金男しゃく、国税庁が北海道ワインを登録済み。檜山海参は同漁協が出願し、登録申請の公示は12月23日。  檜山海参は、イボの立ちの良さ、身の肉厚感に優れ、ナマコの中でもトップクラスの品質を誇る。干しナマコは中国料理の高級食材の1つとして扱われ、料理人から高い評価を得ている。  乙部、江差の両地区でナマコ漁業者計156人が加工から販売までを行っていおり、11月末時点で生産量(干し重量)は約100キロ、生産額は2300万円で、単価は100グラム当たり約2万4000円となっている。漁業者は漁獲法の制限や小型ナマコの採捕の制限、ナマコ種苗の生産、放流のほか、密漁防止に向けた監視活動など、ブランドを守る取り組みを組織的に展開している。  公示を受け、桧山振興局水産課は「桧山産ナマコはほとんどが潜水手捕り漁法で、傷がつかず、乾燥後もイボ立ちが良い。登録されれば、信頼性が高まり、ブランド競争力が強化される。新たなニーズの拡大にもつながる」と期待を込める。同漁協は「取得に向け、一丸となって頑張りたい」としている。

農水省がGI登録申請を公示した「檜山海参」(ひやま漁協提供)

関連記事

十勝毎日新聞

ワイン城動画 海渡る 町出身の八木さん制作【池田】

 池田町出身の農業八木賢太郎さん(37)=帯広市在住=が撮影・編集したワイン城のPR動画が25日から、日本政府観光局(JNTO)のシンガポール、マレーシア・クアラルンプール両事務所のフェイスブック...

十勝毎日新聞

「邪神ちゃん」声優が市訪問 ばんえいコラボ【帯広】

 帯広市がふるさと納税を活用して制作する人気アニメ「邪神ちゃんドロップキック」の帯広編に関連し、同アニメとばんえい競馬の連携イベント(帯広市主催)が28日に開かれた。アニメに出演する声優による帯広...

十勝毎日新聞

スマホ通学定期を導入 窓口手続きいらず 十勝バス【帯広】

 十勝バス(帯広市、野村文吾社長)が26日から、スマートフォンがチケット代わりになる通学定期券の販売を一部路線で始めている。全国の交通機関で利用があるアプリ「バスもり!」を活用した。通学定期券の販...

函館新聞

色柄、素材さまざま/初のハンドメイドマスクマーケット【函館】

 地元のハンドメイド作家やクラフト作家によるマスクとマスクアイテムの展示即売会「ハンドメイドマスクマーケット」が28日、函館蔦屋書店で始まった。手作りの布マスクをはじめ、マスク用のホルダーやピア...

函館新聞

平日夜に大人向け企画を開始・はこだてみらい館【函館】

 函館市の公益施設、はこだてみらい館(函館市若松町、キラリス函館3階)は、平日夜を中心に大人向けの講座などを開く取り組み「#オトナみらい館」を開始した。  同館は縦2・4メートル、横14・4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス