北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

アイヌ文化普及啓発コースターのデザインが決定【登別】

アイヌ文様コースターに活用されるデザイン2種(提供写真)

湯煙「モレウ文」で/クマが民族衣装

来月から飲食店で配布

 登別市がアイヌ文化の普及啓発の一環として取り組んでいた、アイヌ文様をあしらったコースターのデザインが決まった。2種類(1万枚ずつ)あり、ともに登別を連想させる仕上がり。2月から順次市内飲食店で配布される予定。

 コースターは、アイヌ文化の普及と経済活性化を狙いつくった。市内飲食店を利用した来店客に、無料で配布する内容だ。

 デザインは2種類。一つ目は、登別温泉をほうふつとさせる湯煙を、アイヌ文様の一種である「モレウ文」で表現している。「モレウ文」は緩やかな渦巻きの形状をしており、湯煙がもくもくと立ち込めるような光景にぴったりの仕上がりだ。

 二つ目は、登別を代表するテーマパークの一つ・のぼりべつクマ牧場をイメージして、クマがアイヌ民族衣装を身に着けているようなイメージ。同じくアイヌ文様の一種で、とげが付いているような「アイウシ文」をあしらっている。

 両デザインともに、「のぼりべつ NOBORIBETSU」の文字も記している。

 市は今後、市内飲食店を通じてコースターを配布する計画で、現在配布可能な店舗を募集している。対象店舗は、昼間営業(午前11時~午後2時)しており、週平均5日以上開店していること(不定休は原則不可)。店内飲食が可能なほか、インターネットで店舗場所や営業時間が把握できることも要件。

 一つ目のコースターは2月、二つ目のコースターは3月にそれぞれ配布する。問い合わせは市商工労政グループ、電話0143・85局2171番へ。

関連記事

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...

苫小牧民報

花火や結婚式など華やか 千歳・支笏湖氷濤まつり

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)は25、26の両日、期間中最初の週末を迎えて千歳市支笏湖温泉の会場で、「氷濤ウエディング」などのイベントを繰り広げた。両日の夜は花火打ち上げ...