北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

アイヌ文化普及啓発コースターのデザインが決定【登別】

アイヌ文様コースターに活用されるデザイン2種(提供写真)

湯煙「モレウ文」で/クマが民族衣装

来月から飲食店で配布

 登別市がアイヌ文化の普及啓発の一環として取り組んでいた、アイヌ文様をあしらったコースターのデザインが決まった。2種類(1万枚ずつ)あり、ともに登別を連想させる仕上がり。2月から順次市内飲食店で配布される予定。

 コースターは、アイヌ文化の普及と経済活性化を狙いつくった。市内飲食店を利用した来店客に、無料で配布する内容だ。

 デザインは2種類。一つ目は、登別温泉をほうふつとさせる湯煙を、アイヌ文様の一種である「モレウ文」で表現している。「モレウ文」は緩やかな渦巻きの形状をしており、湯煙がもくもくと立ち込めるような光景にぴったりの仕上がりだ。

 二つ目は、登別を代表するテーマパークの一つ・のぼりべつクマ牧場をイメージして、クマがアイヌ民族衣装を身に着けているようなイメージ。同じくアイヌ文様の一種で、とげが付いているような「アイウシ文」をあしらっている。

 両デザインともに、「のぼりべつ NOBORIBETSU」の文字も記している。

 市は今後、市内飲食店を通じてコースターを配布する計画で、現在配布可能な店舗を募集している。対象店舗は、昼間営業(午前11時~午後2時)しており、週平均5日以上開店していること(不定休は原則不可)。店内飲食が可能なほか、インターネットで店舗場所や営業時間が把握できることも要件。

 一つ目のコースターは2月、二つ目のコースターは3月にそれぞれ配布する。問い合わせは市商工労政グループ、電話0143・85局2171番へ。

関連記事

函館新聞

新米「うまい!」 JA新はこだて試食会【北斗】

 【北斗】JA新はこだて(輪島桂組合長)は9月30日、市村内の函館育ちライスターミナルで2020年産新米の試食会を開いた。道南ブランド米「ふっくりんこ」など4銘柄を食べ比べ、「例年以上においしいコ...

函館新聞

東部地域まちづくり懇談会発足 旧4町村の観光振興に本腰【函館】

 函館市は、戸井、恵山、椴法華、南茅部の旧4町村の観光振興に本腰を入れる。学識経験者らを交えた協議で、既存の観光資源の磨き上げや周遊ルートの造成を図る方針。4地域共通の課題や地域振興の協議を目的と...

根室新聞

地元の子どもたちのために―「夢さん」絵本など寄贈【根室】

 根室市内の匿名支援者「夢さん」から今年も60冊(10万円相当)の絵本や一般書などが根室市図書館(松﨑誉館長)に寄贈された。松﨑館長は「大切に使わせてもらいます」と感謝している。  「夢さん」を...

苫小牧民報

ウポポイ、修学旅行生の受け入れピーク 見学予約、道内外714校6万700..

 白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)で、小中高校の修学旅行生の受け入れがピークを迎えている。施設を管理運営するアイヌ民族文化財団によると、今年度の修学旅行で見学予約を寄せた...

日高報知新聞

三石小に「巨峰」届ける【新ひだか】

【新ひだか】三石蓬栄の幌村建設(幌村司社長)は29日、三石小(野﨑充校長、児童155人)の全校児童に、同社に隣接するビニールハウスで育てたブドウの「巨峰」7箱を贈呈した。  幌村建設は道教委が進め...