北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

農協青年部協×帯畜大×満寿屋 コラボパン、店頭に【帯広】

 十勝地区農協青年部協議会(堀江貴博会長)と帯広畜産大学のサークル「あぐりとかち」(三原夕佳代表)が共同で考案した「ピタパン」3種を、満寿屋商店(帯広市)が商品化した。十勝産の野菜やチーズなどを使用している。満寿屋・麦音店(市内稲田町)の限定で販売されている。

商品化された3品(右から牛肉、豚肉、タコス)をPRするメンバー。前列左から2人目が有塚さん、右は赤坂さん

 両グループは2014年から連携し、十勝の農畜産物のPR事業を続けている。昨年、オリジナルパンを初めて考案、満寿屋が商品化して販売した。

 今回、開発したのはピタパン5種。試作を重ね、昨年秋に完成させた。このうち「十勝野菜の焼き肉ピタパン」の牛肉と豚肉、「トカチタコス」の3種のレシピが採用された。

 商品化は満寿屋の赤坂玲見奈さんが担当。協議会の有塚利一副会長は「地場野菜を食べてもらおうと考えたレシピ。おいしく商品化してくれてうれしい」と話している。

 焼き肉ピタパン・牛(330円)は2月9日まで販売。焼き肉ピタパン・豚(250円)は2月10~23日、トカチタコス(300円)は2月24日~3月8日に販売。いずれも数量限定。

関連記事

十勝毎日新聞

音更産リーキ 食べて応援を 麦音で5、6日まつり【帯広】

 新型コロナウイルスの感染拡大で外食需要が落ち込む中、西洋野菜リーキの消費を応援しようと、5、6日に帯広市内の麦音で「リーキで元気まつり」が開かれる。竹中農場(音更町、竹中章代表)のリーキを使用し...

十勝毎日新聞

清水高 連覇 とかちマルシェ料理甲子園【十勝】

 全国の高校生が十勝産食材を使ってオリジナル料理を競う「とかちマルシェ料理甲子園」(とかちマルシェ運営協議会主催)が28日に行われ、「十勝を発掘!? わくわくごはん」を作った清水高校のチームが優勝...

十勝毎日新聞

十勝生まれの赤色 ラズベリーで限定製造 帯広ビール【帯広】

 地ビール製造の帯広ビール(帯広、平林英明社長)は今年も十勝産ラズベリーをぜいたくに使った期間限定ビール「フランボワーズ」を発売した。真っ赤な色と華やかな香りが特徴だ。  「フランボワーズ」...

十勝毎日新聞

ゆで落花生 今年も販売 十勝グランナッツ【帯広】

 十勝で落花生のバリューチェーン(価値の連鎖)化を目指す「十勝グランナッツLLC」(帯広、田中一郎代表)は12月1日から、地場産原料を使った「レトルトゆで落花生」をコープさっぽろなどで数量限定...

十勝毎日新聞

店の味「炙って食べて」 サイトで全国販売へ 平和園【帯広】

 平和園(帯広市、新田隆教社長)は、加熱調理済みのオリジナルの焼き肉商品「炙り(あぶり)気分」を開発した。独自製法で肉のうま味や軟らかさを引き出し、さっとあぶって食べることで、「店内で食べるのと同...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス