北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ポートサービス船の係留施設、本格着工へ-苫西港・汐見区

点線部分を掘削し、係留施設として整備する=西港・汐見区(提供)

 北海道開発局は2020年度から、苫小牧西港・汐見区で係留施設の新設工事を本格化する。西港に入出港するRORO船(フェリー型貨物船)などの運航を支援するポートサービス船の係留スペースが手狭になったため。事業費は総額11億円で、21年度の完成を目指す。苫小牧港は全国トップの内貿貨物を取り扱っており、貨物船のスムーズな入出港支援を通じて物流機能を向上させる。

 西港・商港地区では、11年度から20年度まで総延長1・1キロの岸壁改良工事を展開。工事が完了次第、段階的に利用を開始している。近年は輸送効率化を高めるためRORO船が大型化。その対応で西港区の岸壁背後地の荷役スペースを4倍に拡張したことで作業効率が向上し、年間の貨物取り扱いが12年の726万トンから、17年には1・5倍の1108万トンまで増えた。

 ポートサービス船はRORO船などに燃料を供給するバンカー船、ロープでけん引するタグボートなどがあり、海上物流の安全確保には欠かせない存在。係留施設は現在、汐見地区に2カ所あるが、RORO船と同様に船舶更新時の大型化が進んでおり、作業船も複数あるため係留スペースが慢性的に不足していた。

 計画では、旧菱中造船所跡地を掘削して水深3メートルの海水域を確保し、岸壁スペースを新設。入出港時の静穏度を高める狙いから防波堤も整備する。工事は4月から本格化し、21年度末に完成予定。22年度には既存の係留施設2カ所の改修も行う。これらの工事で係留場所は3カ所となり、バンカー船、タグボート、作業船でそれぞれエリア分けする方針だ。

 これまでは岸壁混雑時にポートサービス船を東港区に移動係留することもあったが、拡張工事でこれらの対応が解消され、年間1億円程度のコスト削減につながる見込み。苫小牧港湾事務所の担当者は「RORO船が荷役しやすい岸壁とポートサービス船の係留施設を総合的に整備し、苫小牧港の物流機能強化に努めたい」としている。

関連記事

根室新聞

地元出身学生応援「旨いをお届け隊」第2弾 発送開始【根室】

 根室市出身学生を応援するため「ねむろ水産物普及推進協議会」(愛称・まるごと根室)が20日まで募集していた「根室出身学生応援!ねむろの旨いをお届け隊!」の第2弾は、最終的に道内外から337件の...

苫小牧民報

植苗地区のIR候補地特定 自然環境対策、道が了承 インフラ整備は苫小牧市..

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す苫小牧市は25日までに、自然環境対策について道から一定の理解を得られたとして、市内植苗地区の約100ヘクタールを候補地に特定し誘致活動を進め...

日高報知新聞

播磨さんが総合優勝【浦河】

北海道釣魚連盟浦河支部北の釣会(三角浩之支部長)の今年最後となる11月例会が8日、会員14人が参加して浦河町浦河港~えりも町庶野展望台下間で行われ、庶野トセップ展望台下に入釣した播磨晃一さん(ラーメ...

日高報知新聞

3連休まずまずの人出【えりも】

【えりも】初冬3連休の襟裳岬は、まずまずの人出でにぎわった。中日の22日はあいにくの小雨模様だったが、正午ごろにはGoToトラベル利用の観光バス2台と乗用車30台ほどが駐車し、観光センターは食事や...

室蘭民報

順調に初出銑、「最適な生産体制構築」 日鉄室蘭第2高炉【室蘭】

 日本製鉄室蘭製鉄所(湊博之所長)で22日に稼働を再開した第2高炉は、23日午前11時に初出銑した。順調に稼働しており、同所は「需要動向に対応した最適な生産体制を構築していく」と話している。 ...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス