北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ヒグマの研究成果発表 酪農学園大・院生ら【浦幌】

 浦幌町内をベースに白糠丘陵の道有林などでヒグマの調査研究を行っている大学生、大学院生の成果発表会「卒業論文大発表会2020in浦幌 浦幌のヒグマこんなに調べました!」(町立博物館主催)が8日、町教育文化センター2階視聴覚ホールで開かれた。

卒業論文を発表した大学生、大学院生。前列右から3人目は佐藤教授

 研究成果を地域にフィードバックすることを目的に2016年に始まり、今年で5回目。今回は町内外から約60人が来場した。酪農学園大学野生動物生態学研究室の4年生6人、同大水質化学研究室の4年生1人、同大大学院修士課程の2年生2人の計9人が発表した。

 高山寛司さん(4年)は「カメラトラップの映像解析によるヒグマの性齢クラスの判別方法」と題して発表。ヒグマの手のひらの幅の違いで雌成獣と雄亜成獣の識別ができると考え、十勝総合振興局森林室が管理する道有林(浦幌町ほか)などで撮影されたヒグマの手のひらの幅を測った。

 雌の成獣、亜成獣は共に17センチ以下だったが、雄亜成獣は値が大きくばらついたことから、映像の手の向きや背擦り木の傾きによる誤差が生じる可能性を指摘。計測条件の絞り込みなど誤差を小さくする方法を検証する必要があるとした。

 また、村田朋弥さん(修士課程2年)が「ヒグマによる種子散布がヤマブドウ個体群の遺伝的空間構造に与える影響」、上田健太さん(同)が「カメラトラップを用いた札幌市に生息するヒグマの生息実態の解明」と題して報告した。

 同研究室の佐藤喜和教授は「私たちは浦幌をメインに調査している。町中で赤いジャンパーの学生を見たら調査が始まったと感じてほしい」と話していた。

 1階ロビーでは、同大の協力で開催してきた「ヒグマの学校」の教材を展示。自動撮影カメラに映った迫力あふれるヒグマの映像や等身大の毛皮、頭骨などが来場者の注目を集めていた。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...