北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

道就労支援研修会でがん患者が働ける環境整備など学ぶ【室蘭】

企業側に求められる「がん患者への就業支援」などについて理解を深めた研修会

休業制度など必要性強調

 がん患者が治療や療養を行いながら、仕事を続ける上で、企業側に求められる就業支援への考え方や対応をテーマにした「道がん患者就労支援研修会」が13日、室蘭市海岸町の胆振総合振興局で開かれた。管内の企業事業主や労務管理担当者、医療関係者ら約50人が参加し、がん患者が治療や療養しながら、職業生活を続けるための必要な環境整備などについて学んだ。

 道地域保健課がん対策グループの渡辺健司主査は、道内のがんの現状と企業での就労支援の状況を説明。「道内で、新たにがんと診断された人は(年間で)約4万8千人で、4人に1人が20~64歳の就労世代」と指摘した。

 特に「働き盛り」とされる年代の肺がんや大腸がん、乳がんの増加などから、「就労支援へのニーズは高まる」とも強調。一日単位や一定期間の病気休業制度や、有給休暇・時間単位取得制度の整備、企業でのがん検診実施の必要性を説いた。

 また、道産業保健総合支援センターの市村通乃さんは、仕事と治療の両立や仕事復帰への不安を抱える労働者側のがん患者と、両立可能とする態勢が不十分な企業側の実情などを指摘。両立支援による効果を出すためには、「『がんによって勤務ができない』と思ってしまう事業者や労働者の意識改革、労使の情報交換も大切」などと話した。

 一方、大野土建(士別市)の三好秀人執行役員・企画営業部長は、同社で進める就労支援や効果を解説。就労支援の取り組みを始めた動機として、社員の平均年齢が53・9歳となり、「疾病を抱えた従業員の治療と仕事への対応が重要な課題、と認識した」などと話した。

 その上で、がん患者就労支援態勢を確立したことで「労働者の健康確保、労働環境改善による人材の定着、他社との差別化、社内での信頼関係の向上につながっている」とメリットを示した。このほか、道労働局、国立病院機構道がんセンターの担当者も、就労支援などについて解説した。

 道、道労働局、道産業保健総合支援センター、国立病院機構道がんセンターの共催。室蘭をはじめ、道内4会場で開催している。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...