北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

道就労支援研修会でがん患者が働ける環境整備など学ぶ【室蘭】

企業側に求められる「がん患者への就業支援」などについて理解を深めた研修会

休業制度など必要性強調

 がん患者が治療や療養を行いながら、仕事を続ける上で、企業側に求められる就業支援への考え方や対応をテーマにした「道がん患者就労支援研修会」が13日、室蘭市海岸町の胆振総合振興局で開かれた。管内の企業事業主や労務管理担当者、医療関係者ら約50人が参加し、がん患者が治療や療養しながら、職業生活を続けるための必要な環境整備などについて学んだ。

 道地域保健課がん対策グループの渡辺健司主査は、道内のがんの現状と企業での就労支援の状況を説明。「道内で、新たにがんと診断された人は(年間で)約4万8千人で、4人に1人が20~64歳の就労世代」と指摘した。

 特に「働き盛り」とされる年代の肺がんや大腸がん、乳がんの増加などから、「就労支援へのニーズは高まる」とも強調。一日単位や一定期間の病気休業制度や、有給休暇・時間単位取得制度の整備、企業でのがん検診実施の必要性を説いた。

 また、道産業保健総合支援センターの市村通乃さんは、仕事と治療の両立や仕事復帰への不安を抱える労働者側のがん患者と、両立可能とする態勢が不十分な企業側の実情などを指摘。両立支援による効果を出すためには、「『がんによって勤務ができない』と思ってしまう事業者や労働者の意識改革、労使の情報交換も大切」などと話した。

 一方、大野土建(士別市)の三好秀人執行役員・企画営業部長は、同社で進める就労支援や効果を解説。就労支援の取り組みを始めた動機として、社員の平均年齢が53・9歳となり、「疾病を抱えた従業員の治療と仕事への対応が重要な課題、と認識した」などと話した。

 その上で、がん患者就労支援態勢を確立したことで「労働者の健康確保、労働環境改善による人材の定着、他社との差別化、社内での信頼関係の向上につながっている」とメリットを示した。このほか、道労働局、国立病院機構道がんセンターの担当者も、就労支援などについて解説した。

 道、道労働局、道産業保健総合支援センター、国立病院機構道がんセンターの共催。室蘭をはじめ、道内4会場で開催している。

関連記事

苫小牧民報

新型肺炎 苫小牧で2人感染 10代女子高生、70代女性-濃厚接触者の2人も

 道内で新型コロナウイルスの感染が拡大する中、22日に苫小牧市内でも10代と70代の女性計2人が、新型コロナウイルスに感染したことが確認された。胆振、日高管内で感染者が確認されたのは初めて。23日...

苫小牧民報

新型肺炎、苫小牧で初の感染確認 市民に危機感、衛生管理さらに徹底

 苫小牧市内で22日に2人の新型コロナウイルス感染と、23日にはそれぞれの濃厚接触者の感染が確認されたことで、多方面で感染に対する危機感が高まっている。国や道は、感染疑いがある場合の相談窓口利用や...

苫小牧民報

新型コロナ警戒、白老町一丸 ウポポイ開業に危機感

 道内で新型コロナウイルス感染者の確認が相次ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)開業を控える白老町で危機感が強まっている。状況次第では4月24日のウポポイ開業に向けた関連行事やオープン自体にも影響を...

苫小牧民報

「はやきたダブルチーズ」ゴールド受賞 安平・チーズ工房「夢民舎」-道地チ..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」の「はやきたダブルチーズ」が、13~16日に東京都渋谷区の表参道ヒルズで開かれた「北海道地チーズ博2020」(ホクレン農業協同組合連合会主催)でゴールドを獲...

十勝毎日新聞

タナボタチャンに別れ 人気ばん馬、引退レース沸く【帯広】

 特徴的な名前と栗毛で人気を集めた、ばんえい競馬の牝馬「タナボタチャン」(7歳)の引退レースが23日、帯広競馬場で行われた。結果は最下位だったものの、特別な思いを抱いたファンが道内外から駆けつ...