北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

朝陽にマスク1万枚 新型肺炎で支援【帯広】

友好都市の中国・朝陽市に発送するマスクを車両に積み込む帯広市の職員

 帯広市は14日、国際友好都市の中国遼寧省・朝陽市に向け、新型肺炎の感染拡大防止のための支援物資としてマスク1万枚(23万円相当)を発送した。

 中国全土の感染拡大に加え、日本国内でも感染者が発生している影響で、航空便が減り、国際郵便にも遅れが生じている。このため中国駐札幌総領事館や遼寧省・瀋陽市とも協力し、輸送方法を決めた。

 新千歳空港から空輸などで瀋陽市まで輸送、瀋陽市で朝陽市の職員がマスクを受け取る手順となっている。

 マスクは段ボール3箱に分けて入れ、中国語で「朝陽加油(朝陽頑張れ)!」と励ましのメッセージを添えた。

 この日は午前7時、マスクを積んだ車両が帯広市役所駐車場から新千歳空港に向けて出発。市職員2人で同空港まで運び、中国側に引き渡す。マスクは同日中に瀋陽市まで輸送される予定。市親善交流課は「引き続き朝陽市と連絡を取り合いながら、確実に届けたい」としている。

関連記事

日高報知新聞

新鮮野菜を安値で 菜花が今シーズンの営業開始【新ひだか】

【新ひだか】三石地区の特産品を多くの人に知ってもらおうと、同地区農家が中心となって三石鳧舞の道の駅みついし隣接地で運営する農産物三石直売所「菜花(さいか)」(河合博文代表、会員85人)が、4日か...

日高報知新聞

管内7町を7色で表現 観光PRポスター制作

 日高振興局は、全国のイベントや道内外の観光施設に掲示する「ひだか地域観光PRポスター」を制作した。管内7つのまちのそれぞれが持っている個性(カラー)を7つの色で表現した「ナナイロひだか旅」が...

苫小牧民報

床面積は2倍に新千歳国際線ビル 拡張工事が完了

 新千歳空港国際線ターミナルビルの拡張工事が先月で、完了した。航空会社のカウンターや保安検査場、搭乗待合室などが拡張され、国際線ビル全体の延べ床面積は約2倍の12万4000平方メートルに。ビル内...

苫小牧民報

全国建築板金競技大会で古市さんが日本一 苫小牧市から初

 苫小牧市元中野町の梨木工業(梨木仁代表)の工事部部長、古市友之さん(45)は、2月に静岡県富士宮市で開かれた「第42回全国建築板金競技大会」(日本建築板金協会・全日本板金工業組合連合会主催)に...

名寄新聞

特別純米酒「彗星」生酒限定販売・名寄産酒米を100%使用【名寄】

 名寄市風連産酒米「彗星」を100%使用した特別純米酒「名寄彗星」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、4日から市内各小売店などで販売されている。同酒を卸している丸徳木賀商店(木賀義友...