北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

母体救命 初の研修会 出産時の容体急変対応【帯広】

妊婦を救命するためのシミュレーションを繰り返した医師ら参加者

 出産時の容体急変から母親を救うために-。日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)公認の母体救命研修が22、23の両日、帯広協会病院で開かれた。J-CIMELSの研修が道東で行われるのは初めて。管内で産婦人科を手掛ける帯広厚生病院、帯広協会病院、慶愛病院の医師、看護師、助産師らが参加し、母体急変時の初期対応などを学んだ。

 出産時の容体急変は、死亡にもつながりかねないリスクをはらんでいる。多量の出血、脳卒中、羊水塞栓症などが原因となり、1990年代には全国で年間400件の妊産婦死亡が発生したと言われている。

 現在は救命システムの高度化などにより、その数は年40~50件程度まで減少している。十勝の場合、体調の安定した母子の出産を手掛けることが多い慶愛病院は妊産婦死亡に直面したことはないというが、「2、3年に1度は危険を感じる事例が発生している」(廣瀬一浩院長)という。

 このため慶愛病院が呼び掛ける形で研修を主催。管外から母体救命研修のインストラクターを担当できる医師、看護師らを招いて実施した。協会病院は会場、厚生病院は機器の貸し出しなどで協力した。

 研修は子宮破裂、羊水塞栓症などの症例を想定。参加した医師、看護師、助産師がそれぞれ異なる役柄を担当し、救命対応に当たるシミュレーションを繰り返した。慶愛病院から参加した助産師の柴田三知子さんは「教科書で見るのと、実際に緊急対応をやってみるのは全然違う。訓練でも事前に経験しておくのが大事と感じた」と語った。

 3病院の産科医らは今後、十勝でインストラクターを担当できる人材の育成を目指す。「管内をはじめ道東の幅広い病院に参加を呼び掛け、道東で実践的な母体救命を学べる環境をつくりたい」(廣瀬院長)としている。

関連記事

根室新聞

議員定数 依然隔たり「維持」から最大「4減」まで【根室】

 議員定数問題を協議する根室市議会(本田俊治議長)の議員定数等に関する調査検討委員会(滑川義幸委員長)は9日午前、各会派、議員の「あるべき定数の考え方」に対する質疑を行った。議会内は「現状維持...

苫小牧民報

年内開催を見送り アイスホッケー・アジアリーグ

 アジアリーグアイスホッケー(小林澄生チェアマン)は8日、新型コロナウイルス感染拡大の情勢を考慮し今秋開幕を予定していた2020~21シーズンの年内開催を見送ると発表した。新たに来年1月以降の開...

苫小牧民報

苫東小と苫東中の新校舎完成 市内初の併設型、2学期から供用開始

 苫小牧東小学校(松橋忍校長、児童数192人)と苫小牧東中学校(五十嵐昭広校長、生徒数288人)の新校舎が、市内旭町の現東中の敷地内に完成した。共有スペースを設けた市内で初めての併設型校で、連携...

日高報知新聞

従来通りの競りで実施

 日高軽種馬農協は、8月24日から28日まで新ひだか町静内神森の北海道市場で開催するサラブレッド1歳馬競り市のセレクションセールとサマーセールについて、従来通りの競り方式で実施することを決めた。セリ会...

日高報知新聞

古里で次に向け調教へ【新ひだか】

【新ひだか】2020年牝馬クラシック2冠(桜花賞とオークス)を無敗で制したデアリングタクト(3歳)が、春のレースの疲れを癒しに新ひだか町に帰郷している。  同馬は日高町の長谷川牧場で2017年4...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス