北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

母体救命 初の研修会 出産時の容体急変対応【帯広】

妊婦を救命するためのシミュレーションを繰り返した医師ら参加者

 出産時の容体急変から母親を救うために-。日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)公認の母体救命研修が22、23の両日、帯広協会病院で開かれた。J-CIMELSの研修が道東で行われるのは初めて。管内で産婦人科を手掛ける帯広厚生病院、帯広協会病院、慶愛病院の医師、看護師、助産師らが参加し、母体急変時の初期対応などを学んだ。

 出産時の容体急変は、死亡にもつながりかねないリスクをはらんでいる。多量の出血、脳卒中、羊水塞栓症などが原因となり、1990年代には全国で年間400件の妊産婦死亡が発生したと言われている。

 現在は救命システムの高度化などにより、その数は年40~50件程度まで減少している。十勝の場合、体調の安定した母子の出産を手掛けることが多い慶愛病院は妊産婦死亡に直面したことはないというが、「2、3年に1度は危険を感じる事例が発生している」(廣瀬一浩院長)という。

 このため慶愛病院が呼び掛ける形で研修を主催。管外から母体救命研修のインストラクターを担当できる医師、看護師らを招いて実施した。協会病院は会場、厚生病院は機器の貸し出しなどで協力した。

 研修は子宮破裂、羊水塞栓症などの症例を想定。参加した医師、看護師、助産師がそれぞれ異なる役柄を担当し、救命対応に当たるシミュレーションを繰り返した。慶愛病院から参加した助産師の柴田三知子さんは「教科書で見るのと、実際に緊急対応をやってみるのは全然違う。訓練でも事前に経験しておくのが大事と感じた」と語った。

 3病院の産科医らは今後、十勝でインストラクターを担当できる人材の育成を目指す。「管内をはじめ道東の幅広い病院に参加を呼び掛け、道東で実践的な母体救命を学べる環境をつくりたい」(廣瀬院長)としている。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...