北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「はやぶさ」の技術 家庭に JAXA川口氏が開発【東京】

 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の川口淳一郎シニアフェローは、総責任者を務めた小惑星探査機「はやぶさ」の電力消費を抑える技術を応用し、家庭や事業所でも利用できる制御システムを開発した。設定したレベル以上の供給を遮断し、主幹ブレーカーを落とさないなど、電力のマネジメントを家庭でも可能にする仕組みを整えた。

スマート照明スイッチを手にする川口氏

 「エネルギーマネジメント事業」は「エネルギー」と「パワー」の二つに大別。前者は省エネで石油や天然ガスなどの消費量を減らすことを示し、後者は発電所や通配電など設備のスリム化を指す。

 宇宙機で停電が許されないため、はやぶさではパワーマネジメントを実践。独立分散制御という方法で、同報型(ブロードキャスト)の通信だけが行われる。

 情報をやりとりするコンピューターが何百から何万個になっても、制御するスピードが落ちないのが特徴。川口氏は「出先の個体数が多くなると、メリットが大きくなる」とする。

ピーク電力を常に一定量に

 この仕組みを応用して開発したものが二つある。一つは「スマートブレーカー」。高圧一括受電マンションなどが対象で、常にピーク電力を一定量に抑えることができる。集合住宅管理の家々にスマートブレーカーコンセントを入れると、全体でピークカットが可能になる。

 試算によると家庭向けの場合、10アンペア下げて月300円ほど。ビル全体(事業所電力)の場合は1キロワット下げると、1戸単位で千数百円ほど割安になる。

 初期投資はやや高額。川口氏は「管理会社の手数料次第だが、高層ビル一括で導入すると、既存装置と比べ4年ほどで元が取れる」と語る。

不必要な照明自動的に消灯

 もう一つは「スマート照明スイッチ」。例えば大きなオフィスでたくさんの照明があり、省エネで半分を消す場合、いつも同じ照明を消すのではなく、使っていないパソコンの上部の照明など「仕事のないところから」順番に、自動で消灯してくれるスイッチのことだ。これに交換するだけでビル内をIoT(モノのインターネット)化でき、外出先から消灯などリモートコントロールができる。

橋本総業主催展示会で紹介

 スマートブレーカーは、河村電器産業(愛知県)と川口氏が代表社員を務める合同会社パッチドコニックスが開発し、すでに製品化した。帯広市に道東支店を置く橋本総業(橋本政昭社長)が都内で開催した展示会「みらい市」でも紹介された。照明スイッチは小型化とともに実証実験を予定している。

 川口氏は「外からの操作や感度の調整など、使うことで性能が確認できる」とし、実験次第で早ければ年度内の製品化を目指している。

関連記事

苫小牧民報

1万2千泊分がキャンセル 出光SDM作業員宿泊先、が変更を要請-千歳

 道が新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出光興産北海道製油所(苫小牧市真砂町)の大規模な定期補修工事(シャットダウンメンテナンス=SDM)に携わる作業員を千歳市内に宿泊させないよう求め、少なく...

苫小牧民報

医師確保や経営改善課題に 白老町立国保病院改築基本計画素案

 白老町は、町立国保病院の改築基本計画素案を取りまとめ、40床を備えた新病院を2025年度に開設する方向性を打ち出した。建設地は現病院の隣地(日の出町3)とし、長寿命化の進展を見据えて医療と介護...

日高報知新聞

実りの秋を楽しみに 小学校が合同で田植え【浦河】

 浦河町立荻伏小(金沢覚校長)の5年生8人と浦河東部小(大石恭義校長)の5年生6人が5日、町内富里の農業、島田穣(ゆたか)さん(81)の水田4アールで米づくり体験学習の田植えを行った。  町内2小...

日高報知新聞

JR日高線のバス転換に25億円支援【新ひだか】

【新ひだか】運休区間のJR日高線に関する4日の臨時町長会議(非公開)で、バス転換調整案を説明したJR北海道が、会議の中でバス転換費用として25億円の支援金を拠出する考えを示したことが分かった。ただ、...

十勝毎日新聞

十勝の写真 酒のラベルに 観光大使・山岸さんが企画【東京】

 とかち観光大使で写真家の山岸伸さんは、写真家の作品をラベルにした酒をプロデュースした。第1弾は山岸さんのばんえい競馬、第2弾は帯広の英語学校学院長浦島久さんのジュエリーアイス。「観光大使として十...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス