北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

新型肺炎 企業も危機感【十勝】

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、十勝管内でも企業側が対策を強化している。管内外への出張や会合の自粛に加え、首都圏などの拠点では時差出勤を進める動きも。自粛ムードを受け、逆に外食店などでは宴会などのキャンセルも相次いでおり、年度末の宴会需要で書き入れ時を控え、関係者は気をもんでいる。一方、スーパーなどではバイキング形式の総菜などの提供を当面休止するなどリスク軽減に努めている。

テレワーク、時差出勤を指示

 萩原建設工業(帯広)は25日から従業員に対し、不急不要の会合や出張を当面自粛するよう指示した。札幌支店には時差出勤の奨励を要請し、すでに一部で対応している。毎月の100人規模の全体会議を3月2日分は中止し、萩原一利社長名でメール文書を出すことを決めた。澤井育雄専務は「SARS(サーズ)の時にもここまでしなかった。今後、2週間が拡大するかの瀬戸際という。少しでも協力する」と話す。

 社員数も多く、グループ拠点が全国に分散しているオカモトホールディングス(同)も今月から社内会議でテレワークやテレビ会議を有効利用する指示を出した。管理本部の熊谷浩マネージャーは「大勢が集まる会合や宴席はキャンセルし、テレワークを推奨している」とする。

飲食店や会合予約キャンセル相次ぐ

 鳥せい帯広中央店ではこの1週間で、企業やスポーツ団体など30人以上の大口予約のキャンセルが相次ぎ、現時点ですでに約150人分に及ぶ。JR北海道ホテルズ(札幌)運営のホテル日航ノースランド帯広でも「札幌などに比べ、影響の度合いは少ない」としながらも、2、3月予定の団体の会議や会合などの利用が現段階で11件キャンセルがあった。

 帯広観光社交組合の森田かおる組合長は「連休明けから業界的にキャンセルが増え始めている。3、4月は年間でも12月に次ぐ書き入れ時。近日中に役員会を開き、情報収集を進めるが、感染拡大が収束してほしい」と願っていた。

 一方、宅配すし「銀のさら帯広店」では22、23日の週末が前年同期比で140%の売り上げ。同店は「週末に外食していた家族が不要な外出を避け、出前を頼むことにしたのではないか」と分析している。

これまでバイキングコーナーだった場所はパック詰め販売のみになった(ダイイチ白樺店)

総菜 パック売りに 管内スーパー

 地場スーパーのダイイチとフクハラ、マックスバリュなどの各店では24日までに、総菜コーナーのバイキング方式での販売を中止し、すべてパック売りに切り替えた。

 ダイイチでは同時に魚の干物もバイキング方式での販売をやめた。営業本部は「新型コロナは飛沫(ひまつ)感染が指摘されており、商品をそのまま置くことで不安に思う客もいると思う。全国的な動きを見て決めた。パック販売でも要望があれば、1個に小分け販売する」と説明している。

 フクハラでもドアノブなど店内のアルコール消毒を1日3回実施するよう店舗に指示した。ただ、各店は「大げさにはしたくない」などの理由から店内表示はしていない。

 一方、いちまるグループ(帯広)の焼き肉バイキング店「フードスタジアム」では25日から全店で、料理を取るトングの交換を1日複数回から1時間に1回と大幅に増やした。

 観光客なども多い満寿屋商店・麦音店(帯広)では、イートインコーナーに置いていた布巾は排除し、時間を決めてスタッフがアルコールで拭き上げるようにしている。深尾雅人店長は「焼きたてパンの袋入れは難しく、ふたもしにくい。冷めれば袋に入れるようにしている。持ち帰りが増えている印象もある」とする。

 各店とも通常から衛生対策には力を注いできた。ある社の幹部は「マスクや除菌剤を使う量も店舗が多いと半端ではない。在庫はあるが、長期化すればもつか不安だ」と頭を悩ませていた。

関連記事

函館新聞

道立函館美術館 再開後堅調 橋本・鵜川展は5日まで【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1カ月間休館していた道立函館美術館では、道南で活動した2人の画家、橋本三郎と鵜川五郎に焦点を当てた特別展が5日で終了となる。会期の大半が休館中だったこともあ...

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万300...

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...