北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

チーズケーキ販売を継承 桜慈工房からホテルレウスへ【足寄】

チーズケーキの新旧パッケージ(左は鑓水事業部長、中央は矢野代表)

 足寄町内のチーズケーキ専門店「桜慈(さくらじ)工房」(矢野有紀代表)は、今月末で商品の販売を終了する。同店が蓄えてきた製造のノウハウは町内の「ホテルレウスアショロ」が受け継ぎ、3月からは道の駅あしょろ銀河ホール21敷地内の直売所「寄って美菜」で販売を始める。矢野代表は「町の土産を作りたいと走り始めた思いが、このような形でバトンを渡せることになりうれしい」と期待している。

 桜慈工房は2007年、町を訪れる人たちが土産として利用できる商品を作りたいと、矢野代表ら11人の町内有志が立ち上げた。11種類あるチーズケーキには十勝をはじめ道内産の農産物をふんだんに使用。十勝管内では、ふじもり食堂(帯広)や産直市場らららマルシェ(音更)、道内ではどさんこプラザなどで販売してきた。

 ホテルレウスでは今年2月から桜慈工房の監修を受け、プレーンやチョコなど4種のチーズケーキの製造を開始。同ホテルを運営するASCOMの鑓水浩二事業部長は「まずは足寄の土産品として定着を図っていきたい」とする。寄って美菜での販売に加え、今後はホテルのラウンジでの提供やふるさと納税の返礼品などの展開を考える。

 ASCOMの丸山勝由代表は「ホテルメードのチーズケーキではあるが、桜慈工房のブランドや気持ちなどを大事にしたい。期待を裏切らないよう発展させていく」と力を込める。

 矢野代表は「これまで商品を買うなど支えてくれた人たちには感謝しかない」と振り返り、今後については「レウスの“色”を出しながら一つの形にこだわらず進化していくのを、一消費者として楽しみたい」と話した。

関連記事

名寄新聞

レトルトカレー「朔北カレー」完成・名寄駐屯地とのコラボ製作【名寄】

 「AOZORA料理店」(市内大通北3)の店主、須藤民篤さん監修によるレトルトカレー「朔北(さくほく)カレー」が完成。陸上自衛隊名寄駐屯地(司令・武本康博第3普通科連隊長)とのコラボ商品で、名...

十勝毎日新聞

ワイン城再開を記念 町民用ブランデー発売【池田】

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は3月31日、ワイン城のリニューアルオープン(4月26日)記念事業の一環で、町民還元用の十勝ブランデー「Genteel(ジェンティール)V・S・O・P」(700ミ...

室蘭民報

高岡・旅良菓が室蘭をイメージしたどら焼きとクッキーを発売【室蘭】

 室蘭市海岸町の土産物店「高岡 旅良菓」が市内の観光名所をイメージしたどら焼きとクッキーを発売した。同店は「新たな特産品として定着してほしい」としている。  新商品は2種類。公益財団法人「室蘭...

苫小牧民報

苫小牧みそホルモン焼そば第2弾販売 苫総経とセブン-イレブン共同開発

 コンビニエンスストア大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)は、苫小牧総合経済高校マーケティング部と共同開発した「苫小牧みそホルモン焼そば」(税込み448円)を胆振・日高管内などの店舗で販売して...

苫小牧民報

ホッキ厚焼き玉子、28日から販売 テークアウトも-マルトマ食堂

 苫小牧市汐見町のマルトマ食堂(三浦未店長)は、ホッキ貝のだし汁と身を使った「ホッキ厚焼き玉子」を開発し、28日から同店の新メニューに登場する。店内では切った状態で提供し、テークアウト用には「マ...