北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ガゴメでコロナに粘り勝とう! 連合があめ配布【函館】

北大がごめ昆布飴を通行人に配るガゴメマン

 産学官連携組織「函館がごめ連合」(布村重樹代表)は20日、函館市本町のシエスタハコダテ前で「北大がごめ昆布飴(あめ)」を無料配布した。新型コロナウイルスの感染拡大で、外出自粛など不便な生活を強いられている市民を、函館産ガゴメコンブで元気づけようと企画。あめを配りながら「ガゴメでコロナに粘り勝とう!」と呼び掛けた。

 あめ300人分(1人2個)を用意。ガゴメのゆるキャラ「ガゴメマン」も登場し、買い物客らにあめを手渡した。途中で雨が強まったため、シエスタの地下入り口に場所を移して実施した。

 北大大学院水産科学研究院の安井肇教授(64)=海藻学=は「ガゴメに含まれる粘性多糖類のフコイダンは、インフルエンザなどのウイルスに一定の抑制効果があることで知られる。ただ、新型コロナへの研究はまだ行われていない。あめで喉を潤し、ウイルス防疫に役立ててほしい」と話した。

 布村代表(59)は「悪天候のため、人出は本格的ではない。それでもガゴメマンと一緒に写真を撮るなどして喜んでもらい、気持ちが落ち込んでいる中で良かった」と笑顔を見せた。

 あめに使っている「北大ガゴメ」は、天然ガゴメの2倍以上のフコイダンを含む。札幌のアイ・ティ・エスが販売元で、静岡県藤枝市の甘信堂製菓が製造。市内では、まるごと北海道ストアえぞりす(キラリス函館1階、田中理絵店長)で扱っており、50グラム入り594円。

 今回の趣旨に賛同した市内飲食店6店舗が、21日から「北大ガゴメ弁当」などガゴメ料理の提供(テークアウトを含む)を始める。

 参加店は次の通り。

 寿々半(本町)、がごめ家(五稜郭町、函館リッチホテル五稜郭1階)、カフェ&デリマルセン(大手町)、ビストロやまくろ(梁川町)、二代目佐平次(五稜郭町)、函館国際ホテルレストランアゼリア(大手町)

関連記事

日高報知新聞

日ごろの騎乗技術披露【浦河】

 浦河町西舎のJRA日高育成牧場の屋外角馬場で2日、夏季町民乗馬大会が開かれた。少年団から一般までの出場者は、障害飛越やジムカーナなど7競技で日ごろ積み重ねてきた騎乗技術の成果を競った。  大会...

日高報知新聞

「美味しいひだかのさかな」

 日高振興局は、新型コロナウイルス感染症の影響で価格が低迷し販売も不振な日高産魚介類の支援の取り組みとして、振興局職員による共同購入や動画配信で〝美味しいひだかのさかな”を全道にアピールしている。 ...

室蘭民報

PCR検査センター開設へ 市医師会、早ければ月内にも【室蘭】

 室蘭市医師会(野尻秀一会長)は4日までに、新型コロナウイルス感染の有無を調べるため、検体を採取する「PCR検査センター」について、早ければ今月中にも、室蘭市内に開設する方針を決めた。  同様の...

室蘭民報

居酒屋ぐうちょきぱが弁当を出張販売 リモート接客、試験的に導入【登別】

出来たての味いかが  新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて登別市内の多業種で取り組みが進む中、居酒屋ぐうちょきぱ(登別市中央町)は出張弁当販売を展開。試験的にリモート接客を行うなど、新北海...

室蘭民報

クマ目撃2カ月で17件 警戒「1市3町」【胆振西部】

パト強化、注意訴え  胆振西部1市3町でクマの出没が相次いでおり、警察や各自治体で注意を呼び掛けている。伊達署の調べによると、6月2日~8月3日現在で17件の目撃情報(足跡のみを含む)が寄せられ...