北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧のパン店、個別包装広がる 「安心して購入」来店客の声

商品を包装して販売するパン店=もりもと苫小牧柏木店

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、パンを一つ一つ包装して陳列する動きが、苫小牧市内のパン店などで広がっている。飛沫(ひまつ)が直接パンに付着するのを防ぐためで、従業員の作業や包装材の費用は増えるが、感染を心配する来店客からは評価する声も多い。

 パン製造販売の三星(同市糸井)は直営店26店のうち苫小牧、登別の16店で、2月23日ごろから個別包装を始めた。出来たてのパンの熱を除いた後に、従業員が一つ一つ袋に入れ、売り場に並べる。従来より人手がかかるため、糸井の本店では事務職員が手伝うこともあるという。

 鈴木直道知事の緊急事態宣言(2月28日)の後、一時客足が減少したが、最近になって戻りつつあるという。広報担当者は「今後の状況を注視しながら、当面は包装を続けていく」と説明する。

 苫小牧市内を含め道内28店舗を運営するパンと菓子のもりもと(本社千歳市)は、2月26日ごろから店内のトングを撤去し、個別包装のパンを並べている。店頭には、全従業員が毎朝体調をチェックし、店内のアルコール消毒を実施していることを伝えるポスターも掲示した。同社の担当者は「お客さまから『安心して購入できる』と声を聞く。少しでも感染防止につなげたい」と話す。

 フジタコーポレーション(苫小牧市若草町)は2月末から、ミスタードーナツ23店で、ショーケースの前を透明のシートで覆うようにした。来店客は一度シートを押し上げ、好きな商品をトングで選ぶ。同社は「期限を決めず、感染防止に努めたい」としている。

関連記事

函館新聞

道立函館美術館 再開後堅調 橋本・鵜川展は5日まで【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1カ月間休館していた道立函館美術館では、道南で活動した2人の画家、橋本三郎と鵜川五郎に焦点を当てた特別展が5日で終了となる。会期の大半が休館中だったこともあ...

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万300...

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...