北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

老人ホーム静寿園にマスク1920枚届く【新ひだか】

厚生労働省の優先配布のマスクを受け取った特別養護老人ホーム静寿園

【新ひだか】新型コロナウイルス感染症拡大の影響で全国で入手が困難となっているマスクの全道35市町村への優先配布が始まり、24日、町特別養護老人ホーム静寿園に厚生労働省から郵便でマスク1920枚が届いた。

 厚生労働省は17日に、国が確保したマスクを1人14枚、2週間分を高齢者介護施設などへ優先配布すると発表。今まで、人口に占める患者数の割合が特に大きい地域として、中富良野町や北見市にも優先配布されている。

 国が選定した新ひだか町でも19日以降、高齢者介護施設など約60カ所に日本郵便からマスクが配達された。

 優先配布を受けた静寿園(千葉憲児園長)には2箱(レギュラーサイズと小さめサイズ)のマスクが届き、千葉園長が受け取った。

 千葉園長は「2月19日にマスクを発注したが、在庫がなく断られた」と言い、今回の優先配布を受けて「在庫分と合わせて4月中までの確保ができて、優先配布はありがたく、助かります」と胸をなでおろしていた。

 施設では、消毒液での手洗いや①検温②発熱が24時間以内にあったか③海外渡航歴があるか―など6項目の確認表で来園者の制限や万全の予防対策を実施している。

 また、利用者家族の面会制限もしており、千葉園長は「利用者も家族と会えなくて寂しがっているので、早く通常どおりに戻ってほしい」と話していた。

関連記事

根室新聞

移住体験住宅の利用再開【根室】

 根室市は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて4月から利用を休止していた移住体験住宅を1日から再開した。国の「緊急事態宣言」解除を受け、6月19日から申し込みの受け付けを開始しており、...

苫小牧民報

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

苫小牧民報

未利用魚、捨てるなんてもったいない 子ども食堂に無償提供へ-苫小牧漁協

 苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)は今月、地元で水揚げされた魚を苫小牧市内の子ども食堂に、無償提供するプロジェクトをスタートさせる。市場に流通せずに捨てられる「未利用魚」を有効活用する。年間...

日高報知新聞

セーフティラリー出発【浦河】

 7月1日から10月31日まで123日間、日常の運転を通じて無事故、無違反をチームで競う浦河警察署管内(浦河、様似、えりも3町)の「セーフティラリー北海道2020」の出発式は、1日に予定されていたが、...

日高報知新聞

店で使用の家具や陶器など【様似】

【様似】6月27日に営業を終了した町大通1の喫茶店「カフェマザー」が、1日から最後のフリーマーケットを開いている。4日まで。  同店は、2011年3月にオープン。地域住民に親しまれた店で、東日本大...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス