北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

世界最大の油彩画も 太陽の森ディマシオ美術館開館【新冠】

26日オープンしたディマシオ美術館の世界最大の油彩画(9×27メートル)

【新冠】廃校(旧太陽小)を利用してディマシオの世界最大の油彩画を展示している町内の太陽の森「ディマシオ美術館」が26日、今シーズンの営業を開始した。2010年8月にオープンした美術館は今年で10周年を迎えた。

 館内には、フランスの幻想画家のジェラール・ディマシオの絵画など作品約200点が展示され、中でも世界最大の油彩画(9×27メートル)が目を引き、天地左右の鏡張りされた無限大の世界と毎時間上映される音と光の演出(約9分)は見た人に感動を与えている。

 イタリアンパスタや軽食などのレストラン「アトランティス」と「ミュージアムサロン」もあり、熊谷守一作品を展示した「ねこの部屋」では3匹のねこスタッフが館内で暮らしている。 

 このほか、5月31日まで伊万里焼の展示、心象絵画、陶造形作品などさまざまな芸術家の作品も展示。屋外には彫刻庭園と動物広場があり、約70のオブジェが敷地内に配置されている。

 敷地の別棟に「ガラスの美術館」があり、ガラス芸術の巨匠ルネ・ラリック(1860―1945)の作品約190点を展示。

 美術館企画部長の谷本晃一さん(48)は「地域に根差した美術館として10周年を迎えることができた。今後も日高観光の入り口として頑張りたい。今年は、世界最大の油彩画のデッサンを初めて展示しており、是非足を運んで見ていただきたい」と来館を呼び掛けている。

 冬期間休業し、営業は11月23日まで。開館日は、木・金・土・日・祝日の午前9時半から午後4時半で休館日は月・火・水。4月23日~5月10日(大型連休)と7月23日~8月30日(夏季)は無休営業。

 入館料は、大人1100円(10人以上の団体は1人950円)、高校・大学生700円、中学生300円、小学生以下は無料。

 問い合わせは、同美術館(☎0146・45・3312)へ。

関連記事

根室新聞

北の勝「搾りたて」21日発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は、北の勝「搾りたて」を21日に蔵出しする。  今年も山形産の酒造米「はえぬき」を使用し、もろみを搾ったまま熱殺菌を加えず...

苫小牧民報

「漁師の塩サイダー」販売中 むかわ町観光協会吉村燻製工房とコラボ

むかわ町観光協会は、町内の水産加工会社「吉村燻製工房」で作る塩を原材料にして製造した炭酸飲料「漁師の塩サイダー」を開発し、年明けから町内で売り出した。両者がコラボレーションし、商品開発するのは初め...

苫小牧民報

湖面に咲く氷の結晶、ウトナイ湖にフロストフラワー

苫小牧市植苗のウトナイ湖で凍り付いた湖面に「フロストフラワー」が咲いている。冷え込みの厳しい早朝に現れることが多く、その名の通り”霜の花”が点在する幻想的な光景が広がっている。  定期的に観察し...

苫小牧民報

中心部への移動便利に 苫小牧中央IC開通から1カ月

道央自動車道・苫小牧中央インターチェンジ(IC)=苫小牧市高丘=は、昨年12月13日の開通から1カ月余りが経過した。同ICの料金所ゲートを通過した車両は12日までに累計11万8300台(速報値)で...

室蘭民報

「自動受付機」導入、免許更新手続きスムーズに 室蘭警察署【室蘭】

 室蘭警察署(菊池和幸署長)は4日から自動車運転免許証の更新受け付けやICチップの記録内容などを確認できる「自動受付機」を導入した。利用者の更新受付時の待ち時間短縮や手続きの簡易化などが期待され...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス