北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

外部組織に町職員3人派遣【芽室】

 芽室町は新年度、外部へ3人の職員を派遣する。農林課の近藤猛児さん(24)が一般財団法人地域活性化センター(東京)と公益財団法人日本ゲートボール連合(同)へ、子育て支援課の川瀬吉澄さん(26)が公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(札幌)へ、同課の福地克哉さん(30)が道教委(札幌)へ派遣される。3人は「(派遣先での)経験を町に還元したい」と意気込んでいる。

芽室町から派遣される(左から)近藤さん、福地さん、川瀬さん

 近藤さんは幕別町出身。帯広北高を卒業し、2015年に役場入り。現在は農業政策や食育事業に携わり、イベントの企画・運営を担当する。

 任期は2年で、地域活性化センターでは地方創生総務課・地方創生業務課に就く。「勉強会などで全国の自治体の姿を学び、芽室に何が必要なのか考えたい」と話す。また、ゲートボール発祥の地の職員として日本ゲートボール連合では「ゲートボール発展のために力を尽くしたい」と気を引き締めた。

 川瀬さんは幕別町出身で道教育大札幌校卒。17年に役場に入り、町立保育所の維持・運営業務を担当している。

 小学3年から現在も野球を続けるスポーツマン。「五輪を見に行きたいと思っていたが、仕事で携われるのならやってみたい」と、委員会派遣の公募に手を挙げた。マラソンコース周辺地域との調整役を担当する予定。開催時期が不透明な現状だが、「一大イベントを迎え入れる手助けをしたい」と張り切っている。

 福地さんは音更町出身。専修大を卒業し、12年役場入り。町教委の社会教育課にも4年間所属し、その間に社会教育主事の資格を取得した。

 道教委では生涯学習課で、青少年団体などの支援を担当する。「芽室では住民と近い距離で仕事をしてきた。今度は大きな枠の中での仕事で経験を積みたい」と語った。今年度は、北海道銀行と岐阜県揖斐川町へ職員を派遣している。手島旭町長は「それぞれの場所で経験を積み、ネットワークを広げ、将来の町に生かしてほしい」と送り出した。

関連記事

苫小牧民報

携帯用トイレットペーパーを開発 レジャー需要や衛生対策に-東京紙工道工場

 レジスター用ロール紙などを手掛ける東京紙工北海道工場(苫小牧市柳町、本社埼玉県和光市)が、バッグにも入るコンパクトな携帯用トイレットペーパー「ノンノ」を製造・発売した。コロナ禍による屋外レジャ...

苫小牧民報

災害復旧用の特殊機械製品化 むかわ町/北見工大/苫高専/とませい/M Dinoが連..

 むかわ町と北見工業大学の地域と歩む防災研究センター、苫小牧工業高等専門学校地域共同研究センター、苫小牧市の清掃業「とませい」、むかわ地域商社「M Dino(エムディノ)」は26日、災害復旧用特...

日高報知新聞

計画案を再吟味【平取】

【平取】広域観光の振興を目指す第2回「鵡川・沙流川WAKUWAKU協議会」が20日、平取町役場で開かれた。  同会代表の遠藤桂一平取町長の開会あいさつに続き、これまでの事業計画と収支決算状況などが...

日高報知新聞

「対話」からのまちづくり【浦河】

 池田拓町長と浦河高校の生徒による「対話からのまちづくりを考える」が24日、同校で開かれ、3年生の課題研究班(23班)のうち3班が外国人との英語交流や子どもたちの運動能力を活性化する科学的アプローチ、...

名寄新聞

日本選手権で3位入賞・カーリング協会Jrチーム【名寄】

 名寄カーリング協会ジュニアチーム「JJクレッシェンド」が、JOCジュニアオリンピックカーリング第29回日本ジュニアカーリング選手権大会で3位入賞。メンバーたちが26日に市役所名寄庁舎を訪れ、加藤...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス