北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

有珠山噴火から20年…次に備えて(上)【洞爺湖】

2022年度の完成を目指し整備が進む道道滝之町伊達線(室蘭建設管理部洞爺出張所提供)

 有珠山はあす31日、2000年(平成12年)の噴火から20年を迎える。近年、20~30年の周期で噴火を繰り返し、次期噴火への備えは着々と進む。現状などを探る。

 2000年有珠山噴火は西山西麓で始まり、虻田町(現洞爺湖町)の噴火湾側に位置する国道37号、同230号、道央道など主要道路網、鉄路を寸断した。その影響は計り知れず、道内経済を支える物流、地域住民の足に大打撃を与えた。まさに生命線を分断したのだ。

 道は、次期噴火に備え、迂回(うかい)路の整備を進めている。既に新ルートが開通するなど、着々と整備は進んでいる。

 有珠山南側は、室蘭-豊浦・長万部を結ぶ国道、高速道、鉄路が並走。00年噴火は、これらが高速の砂嵐など「火砕サージ」に襲われる危険性があったため全面通行止めとなった。伊達市と豊浦町の往来は、後志管内の喜茂別町や留寿都村を通る大きな迂回が強いられた。当時、地域住民からは「病院に通院できない」「仕事に行けない」と切実な声が上がった。

 迂回ルートは、ハザードマップで明示された火砕サージ到達予想範囲を避けて整備。昨年3月に供用開始したのが、壮瞥町東湖畔から町内滝之町の国道453号に接続する道道洞爺公園洞爺線。新たに掘削した東湖畔トンネル(463メートル)を含む全長1550メートルだ。生活道路としても多くの地域住民らが利用している。

 そして現在、整備を進めているのが、壮瞥町立香と伊達市西関内を結ぶ新ルート・滝之町伊達線の4・24キロだ。工事は2015年度(平成27年度)に着手。22年度(令和4年度)の完成を目指す。事業費は約32億円。

 これら新ルートの全面開通で、洞爺湖の東岸を経由するルートが確保できる。00年噴火時に迂回を強いられ、最大5時間を要していた伊達市と豊浦町間について「2時間は切れると思っている」(室蘭建設管理部洞爺出張所)と期待が掛かる。

 昨年9月、伊達市の長和地区住民を対象にした防災講演会。講師を務めた2000年有珠山噴火の対応に当たった宇井忠英・北海道大学名誉教授は、「あした(噴火の)前兆地震が起きても僕は驚かない」と、次期噴火の見通しを示した。

 同出張所の吉川陽史所長は「1日でも早く供用開始ができるよう進めていきたい」と、住民の安全、物流を支える迂回路整備に力を込める。それと連動し、日ごろから避難を想定したルートの確認など、迫る次期噴火に備える住民の意識喚起も急務だ。

関連記事

苫小牧民報

支笏湖ユースホステル来月末に閉館 宿泊客減少や施設老朽化で

 66年前に国内第1号のユースホステル(YH)として開業した支笏湖ユースホステル(千歳市支笏湖温泉)が3月末で閉館する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う宿泊者の減少や施設の老朽化が理由。閉館後...

苫小牧民報

湧水豚とホッキのコラボ丼 マルトマ食堂、来月1日から新メニュー

 新型コロナウイルス感染拡大による暗い世相に明るい話題を―と、苫小牧市内の養豚場と飲食店が共同で新メニューを開発した。錦岡の養豚経営、ビィクトリーポーク(中岡勝社長)のブランド豚「樽前湧水豚」と、...

日高報知新聞

B☆Bもストリートピアノ【浦河】

 子どもから高齢者まで幅広い層を対象にした浦河町教委主催の「生涯学習フェスティバル体験フェア」が21日、総合文化会館で開かれ、午前と午後で約100人の家族連れなどが参加し、各団体(サークル)の活動に...

日高報知新聞

基幹産業の強化や子育て支援【新ひだか】

【新ひだか】町は22日、2021年度予算案を発表した。一般会計は前年度当初比6・2%増の156億414万円。国民健康保険、病院事業など6特別・事業会計を合わせた予算総額は4・2%減の229億3757...

室蘭民報

「工大王」に挑戦、謎解きゲーム開催 ドライブイン室蘭花火大会【室蘭】

 花火の前に室蘭工業大学生と知恵比べはいかが-。3月13日に道の駅みたら室蘭周辺特設会場で開催するドライブイン室蘭花火大会(同実行委員会主催)。当日企画として、同大学生有志による謎解きゲームを開...