北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「いすゞ北海道試験場」に改称 むかわ町のワーカム

新社名「いすゞ北海道試験場」をアピールする西社長

 むかわ町米原のワーカム北海道(西択男社長)は4月1日付で、社名を「いすゞ北海道試験場」に変更する。胆振東部地震からの完全復旧を機に、いすゞブランドを生かして発信力を強める。西社長は「仕事を通して復興する姿を発信し、むかわの元気に貢献できれば」と意欲を見せている。

 同社はいすゞ自動車グループの自動車開発試験場で、自動車専用テストコースは国内最大規模。2002年に分社、設立し、社名は「むかわ」を逆に読み、仕事が外から集まる「ワークカム」の思いを込めた。

 当時はいすゞ経営再建の真っただ中で、テストコースの一般開放、レースイベントの誘致など新たな取り組みを相次ぎ進めた。

 一方、「ワーカム」の名称は町外ではなかなか浸透せず、西社長は「『何をやっている会社か』と聞かれることもあった」と振り返る。

 テストコースは近年、本来の業務であるいすゞ車両の性能や耐久の試験などでフル稼働。「いすゞのグループ会社として、仕事の内容をすぐ分かってもらえるようにする必要があった」と説明する。

 同社は18年9月の胆振東部地震により、盛り土でコースを造成した直線周回路の一部が崩れたり、整備工場の一部が使えなくなったりと甚大な被害を受けた。

 2月までにテストコースの補修や増強、本館整備場や同事務棟の建て替えなどを終え、「完全復旧のタイミングで新社名になるが、むかわと共に発展を目指す姿勢は変わらない」と強調。「今後も地元密着、地域貢献に力を入れる」としている。

関連記事

苫小牧民報

支笏湖ユースホステル来月末に閉館 宿泊客減少や施設老朽化で

 66年前に国内第1号のユースホステル(YH)として開業した支笏湖ユースホステル(千歳市支笏湖温泉)が3月末で閉館する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う宿泊者の減少や施設の老朽化が理由。閉館後...

苫小牧民報

湧水豚とホッキのコラボ丼 マルトマ食堂、来月1日から新メニュー

 新型コロナウイルス感染拡大による暗い世相に明るい話題を―と、苫小牧市内の養豚場と飲食店が共同で新メニューを開発した。錦岡の養豚経営、ビィクトリーポーク(中岡勝社長)のブランド豚「樽前湧水豚」と、...

日高報知新聞

B☆Bもストリートピアノ【浦河】

 子どもから高齢者まで幅広い層を対象にした浦河町教委主催の「生涯学習フェスティバル体験フェア」が21日、総合文化会館で開かれ、午前と午後で約100人の家族連れなどが参加し、各団体(サークル)の活動に...

日高報知新聞

基幹産業の強化や子育て支援【新ひだか】

【新ひだか】町は22日、2021年度予算案を発表した。一般会計は前年度当初比6・2%増の156億414万円。国民健康保険、病院事業など6特別・事業会計を合わせた予算総額は4・2%減の229億3757...

室蘭民報

「工大王」に挑戦、謎解きゲーム開催 ドライブイン室蘭花火大会【室蘭】

 花火の前に室蘭工業大学生と知恵比べはいかが-。3月13日に道の駅みたら室蘭周辺特設会場で開催するドライブイン室蘭花火大会(同実行委員会主催)。当日企画として、同大学生有志による謎解きゲームを開...