北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「いすゞ北海道試験場」に改称 むかわ町のワーカム

新社名「いすゞ北海道試験場」をアピールする西社長

 むかわ町米原のワーカム北海道(西択男社長)は4月1日付で、社名を「いすゞ北海道試験場」に変更する。胆振東部地震からの完全復旧を機に、いすゞブランドを生かして発信力を強める。西社長は「仕事を通して復興する姿を発信し、むかわの元気に貢献できれば」と意欲を見せている。

 同社はいすゞ自動車グループの自動車開発試験場で、自動車専用テストコースは国内最大規模。2002年に分社、設立し、社名は「むかわ」を逆に読み、仕事が外から集まる「ワークカム」の思いを込めた。

 当時はいすゞ経営再建の真っただ中で、テストコースの一般開放、レースイベントの誘致など新たな取り組みを相次ぎ進めた。

 一方、「ワーカム」の名称は町外ではなかなか浸透せず、西社長は「『何をやっている会社か』と聞かれることもあった」と振り返る。

 テストコースは近年、本来の業務であるいすゞ車両の性能や耐久の試験などでフル稼働。「いすゞのグループ会社として、仕事の内容をすぐ分かってもらえるようにする必要があった」と説明する。

 同社は18年9月の胆振東部地震により、盛り土でコースを造成した直線周回路の一部が崩れたり、整備工場の一部が使えなくなったりと甚大な被害を受けた。

 2月までにテストコースの補修や増強、本館整備場や同事務棟の建て替えなどを終え、「完全復旧のタイミングで新社名になるが、むかわと共に発展を目指す姿勢は変わらない」と強調。「今後も地元密着、地域貢献に力を入れる」としている。

関連記事

釧路新聞

コロナ禍の暗い雰囲気一掃、ツリー点灯【中標津】

  町総合文化会館前しるべっと広場のイルミネーションされた。いまだ収束しない新型コロナウイルスにより町内にまん延する暗い雰囲気を一掃する輝きとして、町民の目を楽しませている。  このツリーは20...

苫小牧民報

日ハムドラ1 伊藤投手が仮契約 「プロの実感湧いている」 プロ野球

プロ野球北海道日本ハムファイターズのドラフト1位指名、伊藤大海投手(23)=苫小牧駒沢大野球部=は1日、苫小牧市内で同球団との入団交渉に臨み、契約金1億円プラス出来高払い、年俸1500万円(いずれ...

苫小牧民報

発熱検査センター開設1カ月 積極的検査で抑え込み 1日平均17人

苫小牧市医師会(沖一郎会長)が新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行に備え、「苫小牧発熱検査センター」と「小児発熱検査センター」を開設してから2日で1カ月が過ぎた。発熱検査センターは1日当た...

苫小牧民報

日本管楽合奏コンテスト高校S部門で最優秀賞 鵡川高吹奏楽部「レベル高い演..

鵡川高校吹奏楽部が2020(第26回)日本管楽合奏コンテスト・高校S部門(3~15人編成)で最優秀賞に輝いた。3年生の鈴木楓香部長(17)は「すごくうれしい。1曲に全部を詰め込む勢いでやってきて、...

日高報知新聞

出汁の取り方と料理【新ひだか】

【新ひだか】町教委主催の「日高昆布のお出汁(だし)講座」が11月29日、20人が参加して町博物館多目的集会室で開かれ、コンブの最適な出汁の取り方を学んだ。  町博物館では、来年1月31日まで開催中の第6...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス