北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

田中翆甫さん、書歴60年の個展 磨き鍛えた腕前披露【苫小牧】

毎日筆を持ち、真っ白な紙に向かっている田中さん

 北海道書道展などの審査員を務める田中翆甫=すいほ=(本名・忠勝)さん(79)=苫小牧市豊川町=が9月14~17日、市文化交流センターで10年ぶりの個展「字書き60年に寄せて」を開く。田中さんは「時間をかけてできたものが本物」と言い、この10年間の研さんを物語る約30作品を発表する。半世紀以上、磨き鍛えた腕による作品がそろい、見応えのある書展になりそうだ。

 市、市教委、苫小牧民報社など後援。苫小牧市民文化芸術振興助成事業。

 田中さんは空知管内栗沢町で生まれ、中学時代に書道を始めた。教職に就いた後、日展や毎日書道展で入賞、入選を重ね、1975年に道展会員に。72年から定年まで苫小牧東高に勤め、苫小牧書道連盟で理事長や顧問を歴任。書道文化への貢献が評価され、2013年には市文化奨励賞を受賞した。

 書歴50年を迎えた07年に市内で開いた個展では創作を中心に発表したが、今展では臨書をメインにした。見どころは、中国唐代の書家、顔真卿の「争座位稿」(縦1・3メートル、横8・4メートル)や、初唐の書家、孫過庭の「草書千字文」(縦2・4メートル、横6・5メートル)を全臨した大作。木簡(木片に書かれた墨書)や法華経も含め、臨書は約10作品を発表する。

 「古典は創作の原点。基本を学んでいなければ底の浅い作品になり、眼力のある人には見抜かれる。創作のレベルアップをするためにも、こつこつ積み上げる努力が必要、と原点に回帰した」と話す。

 創作は、自身の心境を書いた「八十歳の底力」「生涯字書き」などを出品する。

 田中さんは10代のころから書を愛し、「何になるとか考えることもなく、本当に好きで書いていた」。教職に就くと授業や部活動で生徒に書を指導。「好きなことを仕事にできたのは、恵まれていた」と振り返る。

 今日まで筆を毎日欠かさず持ち、この生活を生涯続けられるよう、ウオーキングやラジオ体操で体力づくりをしている。50回の腕立て伏せや、腹筋、背筋運動も日課だ。

 小さな文字を綿々と書く時は長時間腰を落とすので腰や膝に負担が掛かるが、鍛えているおかげで今も1枚の書をじっくり仕上げることができるという。「書道に限らず、時間をかけて作ったものには、生み出した人の性格や作品への思い、創作への姿勢がにじみ出る。それが見えるから味わいがあり、こういうものが本物。だから労作に仕上げたい」と言い、追求する作品を書く努力を惜しまない。

 70代の活動を集大成する個展に向けては「見てもらうだけでうれしい。その人の生き方、感受性で好きなように受け止めてもらえれば」と話し、自身は今後も続く書の道の糧にする考えだ。

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...