北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

千歳・北星病院で新たに6人 クラスターとみて経路を調査へ-新型コロナ

看護師、介護職員の感染が分かった北星病院

 千歳市清流5の北星病院では23日、看護師5人、介護職員1人の新型コロナウイルス感染が新たに確認された。8日に初めて入院患者の感染が確認されて以降、外来診療を休止し、20日に再開したばかりだった。23日から再び外来診療とリハビリ、健康診断、新規入院の一部受け入れを休止している。同病院の感染者は計8人となり、千歳保健所はクラスターの発生とみて感染経路を調査している。

 同病院の科目は内科、リハビリテーション科、整形外科、麻酔科、リウマチ科の5科。病床数は140床で、1階は外来患者の診察室やリハビリテーション室、2階は一般急性期病棟(40床)、3階は回復期リハビリ病棟(50床)、4階が医療療養病棟(50床)。このほか通所、訪問リハビリも行っている。現在は115人が入院し、非常勤も含めた職員330人が勤務する。

 同病院では今月、入院患者2人の感染が判明。2人目の患者と接触のあった患者7人、職員38人の検体を検査機関に送り、職員6人の感染が分かった。感染者はいずれも、入院患者と接する機会が多い部門で勤務する職員。患者の転院の予定はない。

 同病院では3月中旬から面会を禁止し、職員の健康管理を徹底。今月20日に外来診療再開後も入館者への検温と手指消毒を求めてきた。同病院事務局は「医療従事者として新たな感染を生まないよう、取り組みを徹底していきたい」としている。

 別棟を拠点とする通所、訪問リハビリと介護老人保健施設「北星館」は通常通り業務を行っている。同病院は千歳保健所との相談の上、27日に外来診察などの再開を予定している。

関連記事

根室新聞

「北構保男博士の研究」特別展示始まる 13日まで【根室】

 6月5日に101歳で亡くなった考古学者でオホーツク文化研究の第一人者、北構保男氏を追悼し、研究業績を紹介する特別展示「郷土の考古学者北構保男博士の研究」が8日、市総合文化会館多目的ホールで始...

苫小牧民報

「(道内5紙)コロナ時代の道しるべ」特別な夏 全力で かわいそうと思われ..

駒大苫小牧高校野球部監督 佐々木ささき 孝介こうすけさん(33)  札幌円山球場で開催中の夏季北海道高校野球大会南北海道大会で、夏の甲子園連覇の実績を誇る駒大苫小牧は8日、準決勝で涙をのんだ...

苫小牧民報

ポーランド国立バレエ団で1年目から活躍 苫小牧出身の丁子さん

 苫小牧市出身の丁子蒼(ちょうじ・あおい)さん(20)が昨年8月から、ポーランド国立バレエ団の団員として活躍している。入団1年目ながら、舞台上でソロの踊りを披露するソリストを複数の公演で任される...

十勝毎日新聞

湊谷鈴さん絵本全国発売 帯広在住イラストレーター【帯広】

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに...

十勝毎日新聞

帰省 悩んだ末に【十勝】

 お盆の帰省シーズンが始まった8日、空港や駅にはスーツケースを手にした帰省客らが降り立った。全国的に新型コロナウイルスの感染者が増加している中、やむなく帰省を自粛した人、悩みながらも帰省した人など...