北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

銭湯も相次ぎ休業 連休中の管外客懸念【帯広】

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、道が実施した休業要請の対象外となった銭湯でも、ゴールデンウイーク期間中、臨時休業に踏み切る動きが帯広市内で相次いでいる。ライフラインとしての役割も大きく、営業を続ける予定だったが、管外客増加への懸念から安全性を考えての苦渋の決断という。一方、営業を継続する施設でも衛生対策を強化している。

施設の入り口に掲示された臨時休業を知らせる張り紙(自由ケ丘温泉)

 市内の自由ケ丘温泉(鳥谷繁樹社長)は5月2~6日の休業を決めた。きっかけは今月中旬、首都圏から訪れたとみられる学生らの利用。その後、東京・大阪方面からの入館遠慮を願う趣旨の張り紙をしたほか、従業員のマスク着用徹底、受付には飛沫(ひまつ)感染防止シートを設けるなどしてきたが、休業要請が出た直後に決断した。

 鳥谷社長は「例年、旅行客も含めて利用者が2~3割ほど多くなる。従業員や利用者の安全を考えるとどんな対策をしても不安が募り、心苦しいがやむを得なかった」と打ち明ける。

 やよい乃湯(浅野洋平社長)も5月1~6日に休業する。当初は営業を続ける予定だったが、「休業要請の範囲から外れ、利用者の安心材料となっている部分がある。札幌や道外ナンバーの車もあり、売り上げは厳しいが苦渋の決断」(浅野社長)。オベリベリ温泉水光園(江川正之社長)も知事の休業要請後、アルコールの提供を自粛するなどしていたが、「感染防止策をやり切った中での対応」(江川社長)と、29日から休業に踏み切った。

次亜塩素酸水の無料配布を行っているひまわり温泉

 昨年リニューアルしたひまわり温泉(木村真之社長)も5月2~6日の臨時休業を決めた。施設内では3月から、食品の消毒などに使われ除菌効果があるとされる次亜塩素酸水の生成機を導入。同水を使い、施設内除菌も強化している。

衛生対策し営業継続も

 一方、連休期間中の営業を決めているたぬきの里(梅田勇吉社長)も次亜塩素酸水の生成機を入れ、施設内除菌に活用している。さらに、利用客が集中した場合は脱衣所への入場を制限する予定という。

 両社は生成した次亜塩素酸水の無料提供も始めており、「衛生対策の取り組みを広く知ってほしい」としている。

関連記事

苫小牧民報

携帯用トイレットペーパーを開発 レジャー需要や衛生対策に-東京紙工道工場

 レジスター用ロール紙などを手掛ける東京紙工北海道工場(苫小牧市柳町、本社埼玉県和光市)が、バッグにも入るコンパクトな携帯用トイレットペーパー「ノンノ」を製造・発売した。コロナ禍による屋外レジャ...

苫小牧民報

災害復旧用の特殊機械製品化 むかわ町/北見工大/苫高専/とませい/M Dinoが連..

 むかわ町と北見工業大学の地域と歩む防災研究センター、苫小牧工業高等専門学校地域共同研究センター、苫小牧市の清掃業「とませい」、むかわ地域商社「M Dino(エムディノ)」は26日、災害復旧用特...

日高報知新聞

計画案を再吟味【平取】

【平取】広域観光の振興を目指す第2回「鵡川・沙流川WAKUWAKU協議会」が20日、平取町役場で開かれた。  同会代表の遠藤桂一平取町長の開会あいさつに続き、これまでの事業計画と収支決算状況などが...

日高報知新聞

「対話」からのまちづくり【浦河】

 池田拓町長と浦河高校の生徒による「対話からのまちづくりを考える」が24日、同校で開かれ、3年生の課題研究班(23班)のうち3班が外国人との英語交流や子どもたちの運動能力を活性化する科学的アプローチ、...

名寄新聞

日本選手権で3位入賞・カーリング協会Jrチーム【名寄】

 名寄カーリング協会ジュニアチーム「JJクレッシェンド」が、JOCジュニアオリンピックカーリング第29回日本ジュニアカーリング選手権大会で3位入賞。メンバーたちが26日に市役所名寄庁舎を訪れ、加藤...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス