北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ヒメマス、今季も好調 ブランド化へ商品開発加速-支笏湖

商品化間近の「支笏湖チップ」(右)と今季も漁が好調なチップ

 千歳市内の支笏湖漁業協同組合(福士國治組合長)の関係者が22日、1日に解禁した今季のヒメマス(チップ)漁について山口幸太郎市長に報告した。漁協がブランド化に取り組む「ヒメマス」と「刺し身」(3枚下ろし2匹分)の商品見本も持参し、商品化に向けて意欲を示した。

 この日は福士組合長と佐々木義朗、小林昌幸両理事、佐藤晴一事務局長が市役所を訪れた。

 今季のヒメマス漁の状況について、4年魚を中心に15日現在4万9537匹となり、過去最高を記録した昨年同期(6万8206匹)には及ばないものの、過去10年の平均値3万4648匹を上回り出足は好調という。

 持参したヒメマスは、早朝に釣ったばかりの4年魚とみられる体長約25センチの3匹。漁協がブランド化に向け商品化が間近の「ヒメマス」と「刺し身」の商品見本も持ち寄り、福士組合長は「お土産に最高。企業の単身赴任者にも味わってもらいたい」と語り、佐藤事務局長は「市民から購入先に関する問い合わせが多い。分析で支笏湖チップは疲労回復成分のタウリンが多いことが判明。多彩な商品開発を進めていく」と報告した。

 佐々木理事は市の助成で5月に導入した急速冷凍庫(1500万円)が氷点下35度まで対応可能であることに触れ、「長期貯蔵が可能。通年で気軽に食べてもらえる」とし、「支笏湖の全ホテルで夕食にチップ料理を提供していく。ブランド化を進め、国内の催事にも扱っていきたい」と意欲を語った。

 市長は「購入しやすくなれば(コロナ収束後の)集客につながる。今後も観光振興に力を入れていく」と支援を約束した。

関連記事

室蘭民報

世界の味、テークアウトで 北斗文化学園調理学校の留学生【室蘭】

8~10日の3日間  世界各国の味を楽しんで-。北斗文化学園が運営する室蘭市山手町の北斗文化学園インターナショナル調理技術専門学校(澤田真奈美学校長)は8~10日の3日間、同校留学生が母国の味を...

十勝毎日新聞

ミルクバーアイス発売 よつ葉乳業【札幌】

 よつ葉乳業(札幌市)は3日、札幌市内で同社初のバータイプのアイスクリーム「よつ葉 至福のミルク」の発表会を行った。食感が異なる3層仕立てで高級感を演出。1日から発売している。  外側はパリ...

室蘭民報

大ぶりホッキ夏活気【登別】

 虎杖浜沖の夏のホッキ漁が1日解禁され、登別漁港(登別市登別港町)では2日、775キロが初水揚げされた。黒光りする大ぶりのホッキ貝がゴロゴロと揚がり、港を活気づけていた。  この日は早朝から漁船...

室蘭民報

名称、ロゴが商標登録 「えったま333」周知に力【伊逹】

振興会、特産品へ加速  伊達産の越冬タマネギのブランド化を目指す生産者グループ・伊達市えったま333(さんさんさん)振興会(堀篭司会長、8人)がPRに力を入れている。「えったま333」の名称と...

室蘭民報

「オウルズ」好評 カフェにリニューアルオープン【室蘭】

あんみつ、みつまめ自信作  室蘭市中島町のふれあいサロンほっとな~る内のチャレンジショップ「キッチン・オウルズ」が1日、「オウルズカフェ」としてリニューアルオープンした。室蘭では珍しいあんみつ、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス