北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ヒメマス、今季も好調 ブランド化へ商品開発加速-支笏湖

商品化間近の「支笏湖チップ」(右)と今季も漁が好調なチップ

 千歳市内の支笏湖漁業協同組合(福士國治組合長)の関係者が22日、1日に解禁した今季のヒメマス(チップ)漁について山口幸太郎市長に報告した。漁協がブランド化に取り組む「ヒメマス」と「刺し身」(3枚下ろし2匹分)の商品見本も持参し、商品化に向けて意欲を示した。

 この日は福士組合長と佐々木義朗、小林昌幸両理事、佐藤晴一事務局長が市役所を訪れた。

 今季のヒメマス漁の状況について、4年魚を中心に15日現在4万9537匹となり、過去最高を記録した昨年同期(6万8206匹)には及ばないものの、過去10年の平均値3万4648匹を上回り出足は好調という。

 持参したヒメマスは、早朝に釣ったばかりの4年魚とみられる体長約25センチの3匹。漁協がブランド化に向け商品化が間近の「ヒメマス」と「刺し身」の商品見本も持ち寄り、福士組合長は「お土産に最高。企業の単身赴任者にも味わってもらいたい」と語り、佐藤事務局長は「市民から購入先に関する問い合わせが多い。分析で支笏湖チップは疲労回復成分のタウリンが多いことが判明。多彩な商品開発を進めていく」と報告した。

 佐々木理事は市の助成で5月に導入した急速冷凍庫(1500万円)が氷点下35度まで対応可能であることに触れ、「長期貯蔵が可能。通年で気軽に食べてもらえる」とし、「支笏湖の全ホテルで夕食にチップ料理を提供していく。ブランド化を進め、国内の催事にも扱っていきたい」と意欲を語った。

 市長は「購入しやすくなれば(コロナ収束後の)集客につながる。今後も観光振興に力を入れていく」と支援を約束した。

関連記事

十勝毎日新聞

動物モチーフの飲食登場 帯商と園連携【帯広】

 おびひろ動物園周辺の17店が30日から期間限定で、同動物園のアメリカバイソンなどの動物たちをモチーフにしたスイーツや料理を提供する。帯広商工会議所が主催し、初めて実施する。「動物園と店を行き来し...

十勝毎日新聞

「ジュエリーアイスそば」登場【豊頃】

 豊頃町茂岩のそば店「そば処ホタル」で、町大津海岸に真冬に打ち上がる氷塊にちなんだ盛りそばが提供されている。その名も「ジュエリーアイスそば」=写真。  同店は国道38号沿いにある「とよころ物産...

名寄新聞

彫り込みを忠実に再現・「木彫り熊もなか」発売【名寄】

 名寄市西13南5(豊栄通り沿い)の「カントリーマム」(店主・滝沢美也子さん)は、名寄産もち粉と道産小豆を使った「木彫り熊もなか」を発売。彫り込みの模様が忠実に再現されており、「木彫りの感じをう...

十勝毎日新聞

自社生産の生乳でジェラート専門店 31日オープン ノベルズ【帯広】

 畜産大手・ノベルズグループ(本社上士幌町)は31日、自社牧場の生乳を使った直営のジェラート専門店を帯広市内に開く。肉牛のブランド化などはこれまでも進めてきたが、乳製品の加工販売は初。事業統括の延...

十勝毎日新聞

「十勝若牛」ジンギスカンに JA木野「ハピオ」とJA十勝清水町がタッグ【..

 JA木野(清都善章組合長)の子会社のスーパー・ハピオ(音更町)とJA十勝清水町(氷見隆雄組合長)などは20日、新商品「十勝若牛ジンギスカン」を発表した。羊肉の代わりに牛肉を使用した珍しいジンギス...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス