北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

シェフの味を瓶詰め メムアースホテルがテークアウト【大樹】

 雄大な景色の中で前衛的なデザインの建築物に宿泊する「メムアースホテル」(大樹町芽武、野村昌広社長)は7月から、初のテークアウト商品を販売する。十勝産小麦による全粒粉パンと一緒に味わう地場産食材の瓶詰めをセットにした。瓶やエコバッグを初回に購入し、2回目以降は料理代のみとなるシステムで環境に配慮している。

全粒粉パンと瓶詰めのテークアウト商品をPRする石川シェフ。左下はオリジナルのバスケット

 同ホテルは、新国立競技場を手掛けた建築家・隈研吾氏らが設計した実験住宅に宿泊できる。新型コロナウイルスの影響で4月中旬から営業を自粛し、6月に再開。それに伴い、通常はホテル内でしか食べられない料理をテークアウトで提供することを決めた。

 商品名は「産と市 with Bread(ウィズ・ブレッド)」。酵母も手作りした直径約20センチのハード系パンや8種類の瓶詰めで、同ホテルの石川大地シェフが全て調理した。瓶詰めは広尾のトキシラズとジャガイモのパテや十勝の肉と豆の煮込み、夏野菜のトマトソース、小豆と牛乳のスプレッドなどの予定。内容は月ごとに変える。

 石川シェフは「ディナーでも提供しているパンや十勝の食材によるオードブルをぜひ食べてほしい」と話している。

 3~4人前で初回価格は8000円。初回は瓶とエコバッグが付き、2回目以降は料理のみで5000円。オリジナルのバスケットが付いた商品は3万8000円で、初回を含めた5回分の料理代金も含む。いずれも税別。

 7月1日から受け付けを開始。数量限定で商品の受け取りは受注から5日後となる。同ホテルのインターネット交流サイト(SNS)などでも情報を発信している。申し込み、問い合わせは同ホテル(01558・7・7777)へ。

関連記事

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...

十勝毎日新聞

畜大の酒発売 1時間で「20本」 藤丸【帯広】

 帯広畜産大学内の酒蔵「碧雲蔵(へきうんぐら)」で試験醸造された純米酒「十勝初仕込み」が完成し、30日から十勝管内の酒店などで販売が始まった。  碧雲蔵は全国初の大学内酒蔵。今春、上川大雪酒...

室蘭民報

台湾風唐揚げ人気 道の駅ウトナイ湖【苫小牧】

地震被害、食べて応援/厚真産「桜姫鶏」使用  苫小牧市植苗の道の駅ウトナイ湖で22日から、厚真町産の鶏肉「桜姫鶏」を使用した台湾風の手のひらサイズ唐揚げ「桜姫鶏炸鶏排(ザーチーパイ)」を新発売し...