北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

世界の味、テークアウトで 北斗文化学園調理学校の留学生【室蘭】

本番に向け準備を進めるポール・ボキューズ学院からの留学生

8~10日の3日間

 世界各国の味を楽しんで-。北斗文化学園が運営する室蘭市山手町の北斗文化学園インターナショナル調理技術専門学校(澤田真奈美学校長)は8~10日の3日間、同校留学生が母国の味をテークアウトで実施する。

 同校の学務提携校の一つ、フランスの調理学校「Institut Paul Bocuse」(ポール・ボキューズ学院)からの留学生10人が参加。「バスク風鶏の煮込み」「アスパラとサルシッチャのリゾット」、パナマ風ミートパイ「エンパダーナ」「グリーンカレー」など留学生がフランス、イタリア、パナマ、コロンビア、台湾、タイの味を販売する。

 例年は校内でレストランを開きコース料理を提供していたが、本年度は新型コロナウイルス感染拡大予防の観点からテークアウト方式を採った。前菜や付け合わせ、メイン、デザートなど20種類の料理を自由に組み合わせ可能だ。澤田学校長は「この機会に世界各国の料理を味わってください」と呼び掛けている。予約(前日午前11時まで)は同校、電話0143・25局2211番へ。

関連記事

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...

十勝毎日新聞

畜大の酒発売 1時間で「20本」 藤丸【帯広】

 帯広畜産大学内の酒蔵「碧雲蔵(へきうんぐら)」で試験醸造された純米酒「十勝初仕込み」が完成し、30日から十勝管内の酒店などで販売が始まった。  碧雲蔵は全国初の大学内酒蔵。今春、上川大雪酒...

室蘭民報

台湾風唐揚げ人気 道の駅ウトナイ湖【苫小牧】

地震被害、食べて応援/厚真産「桜姫鶏」使用  苫小牧市植苗の道の駅ウトナイ湖で22日から、厚真町産の鶏肉「桜姫鶏」を使用した台湾風の手のひらサイズ唐揚げ「桜姫鶏炸鶏排(ザーチーパイ)」を新発売し...