北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

世界の子どもの感性見て じゃがいもアート館17日公開【芽室】

子どもたちのアート作品を通じて世界平和を求める浅野さん

 帯広市出身の現代美術家浅野修さん(83)=神奈川県鎌倉市在住=が代表を務める「NPO十勝めむろ赤レンガ倉庫」のプロジェクトである、巨大じゃがいもアート館(芽室町東3ノ1)の一般公開が17日から始まる。館内に世界中の子どもたちによるアート作品が所狭しと並ぶ。9月22日まで。

 「カワサキビエンナーレ国際児童画展」の作品など、ここ10年間ほどで約130カ国から2万点を集め、毎年入れ替えながら展示している。今年で6回目。

 館内では、子どもたちの独特な感性が光る絵や、ごみで作られた人形などと、浅野さんが組み上げた防風林の端材や昔の農耕機具などが融合した「巨大じゃがいも」を展示。色彩豊かな絵画も壁や天井に数多く並んでいる。

 浅野さんは「目に見えない気持ちを表現するのがアート。それが世の中を変え、世界の平和に続く。ぜひ見てもらいたい」と話した。

 館内ではマスクの着用など、新型コロナウイルス対策を呼び掛ける。午前10時半~午後5時。月曜休館日(祝日の場合は翌日)。

関連記事

函館新聞

消費拡大、生産者を応援 市内飲食店が地場産品メニュー考案【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で外食需要が激減し、道南の生産者がつくった食材の出荷先がなくなっている中、函館市内の飲食店などが地場産品を使った新たなメニューを考案するなど、消費拡大を図る動き...

函館新聞

基坂 柔らかく照らす 光の万華鏡スタート【函館】

 イルミネーションイベント「はこだて光の万華鏡」(はこだて冬フェスティバル実行委主催)の基坂会場が20日に始まった。斜面の両側の歩道を柔らかく照らす光と心地よい音楽の共演で、冬の西部地区を彩る。 ...

釧路新聞

ファン見守るなか、冬の湿原号試運転【釧路】

  JR北海道が釧網線の釧路―標茶間で運行する人気観光列車「SL冬の湿原号」が23日に今季の運転初日を迎えるのを前に、試運転が20日、本番と同じルートで行われた。沿線の撮影スポットには今年最初に走る...

日高報知新聞

男女26種目でタイム競う【浦河】

 浦河スケート協会(小林孝範会長)主催の「2021南北海道スプリント競技会」が17日、浦河町緑町の町営スケートリンクで開かれた。幼児から一般まで延べ約60人が出場し、男女26種目で100~1000㍍のタ...

日高報知新聞

様似町の経済や文化に貢献【様似】

【様似】様似歴史研究「会所の会」(笹島秀則会長)は、17日から24日まで中央公民館ギャラリー21で約60点の写真展「今、よみがえる日高随一の工場~日本電工展~」を開催している。  経営統合で2014年に...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス