北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

ウポポイでチセ復元、今秋完成へ アイヌの暮らし身近に-白老

伝統的な技法で建築が進むウポポイ内のチセ

 アイヌ民族文化財団(本部札幌市)は、白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)でチセ(家屋)を復元する作業に取り組んでいる。白老地方のチセの形態を継承し、伝統技法で建てる様子を来場者に公開している。骨組み作業は順調に進み、今後、屋根や壁のかやぶきを経て10月ごろに完成させる予定だ。

 床面積約30平方メートルのチセは、昔ながらの技法や建物の構造を来場者に公開するプログラムとして、ウポポイの「伝統的コタン」エリアに建設。国や同財団が開業前に設けた4棟のチセに並ぶように造っている。

 アイヌ民族はチセを建てる際、カシワやカツラ、クリなど、その土地に多く自生し、腐りにくく長持ちする樹木を柱、梁(はり)、垂木といった骨組みの材料に利用した。今回の復元に当たり同財団は、骨組み材としたクリやマツを白老町有林から譲り受けて活用。屋根や壁にふくカヤは胆振管内から調達した。

 建物の構造には地域性があり、今回は白老地方の伝統を受け継ぎ、窓を東に1カ所(神窓)、南に2カ所設ける設計とした。母屋の入り口から中に入って右側の窓を2カ所とするのは、日高地方のチセも同様だが、道東では1カ所としていた。神窓の方角も土地によって南東や西などと異なりがあった。

 また、チセの復元に際しては内部を1間とし、中央部分に炉、神窓の近くに宝物置き場を備える基本構造を順守。財団職員らによる骨組み作業は終盤を迎えており、8月以降に屋根や壁のかやぶきの作業を進める予定だ。

 建築は10月ごろに終えて、完成祝いの儀礼「チセノミ」や、餅まきの「ハルランナ」を予定している。

 アイヌ民族はチセの炉を神聖視し、炉を中心に家族や客が座る所、寝床の場所も厳格に定めていた。財団は、別のチセの内部見学プログラムと併せて、暮らしの決まり事について来場者の理解が深まることも期待しており、「普段は見られない伝統的な建築の様子を見学し、かつてのアイヌ民族の生活に想像を巡らせてほしい」としている。

関連記事

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。...

根室新聞

下校見守り活動拡大 保護司会と更生保護女性会【根室】

 根室地区保護司会(袴谷良憲会長)は19日から根室更生保護女性会(原田純子会長)などと協力して、新たに花咲小学校の学校区周辺で下校児童の見守り活動を実施している。  見守り活動は根室地区保護...

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業...

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例...

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばか...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス