北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

だんパラで9月にキャンプイベント 体験教室、飲食提供も【室蘭】

ウィズコロナ時代のアウトドアイベント「ムロランワンパク」をPRする佐藤さん

コロナ時代見据え初試み

 室蘭のだんパラ公園(神代町)で今秋、キャンプと体験型コンテンツを楽しむ1泊2日のイベントが初開催される。市と市民有志による実行委主催、登山用品の秀岳荘(札幌)などが協力する。飲食販売のオンラインオーダー制導入など新型コロナ対策を徹底、ウィズコロナ時代のイベントに育成する考えだ。

 室蘭市地域おこし協力隊の佐藤大輔さん(37)が発起人となり「outdoor basecamp ムロランワンパク」を企画した。海と山が近接する自然に恵まれながら、魅力が「知られていない」室蘭の独自性を発信する狙い。

 普段は遊び場となっている芝生広場(1万2千平方メートル)をキャンプサイトに転用。逆に既存キャンプ場がある林は体験型コンテンツエリアに設定した。体験事業は秀岳荘やNPO法人いきものいんくなどが協力、一部有料で提供する。

 スラックラインやハンモック、ツリーイング(ロープを使った木登り)体験のほか、生き物ツアー、ロープワーク講座、キャンピングカー展示、グランピングなどにも利用できるイージードームハウス展示、グルメ販売などを計画した。

 新北海道スタイルプラスαの対策を取り入れ、安全安心な運営を行う。フェースシールドを全員に配布する。飲食販売はオンラインで注文を受け付け、調理完了も告知する。調理者と注文者が接触しない仕組みも組み込む。

 開催日程は9月19日午後1時~20日午前11時。参加料は高校生以上2500円(飲食店や体験に利用できる1500円相当のチケット付き)、中学生以下無料。利用できるサイト数や参加申し込み受け付け日は、近く決定する。

 初年度のテーマは「2020はだんパラだョ!全員集合」となっており、次年度以降は場所の変更や、海を使った体験コンテンツの提供なども検討していく方針だ。

 佐藤さんは「新型コロナを軽視しているのではなく、ウィズコロナが言われる中、催行を考える価値があると考えました。必ず今後につながっていく。参加者にも自衛と周囲への配慮をお願いしたい」と話している。

 詳細は室蘭観光協会内の実行委事務局、電話0143・23局0102番か、公式サイトhttps://www.mr-wpk.com/へ。

関連記事

室蘭民報

1日市制施行50周年 記念事業次々開催 ビースマイルCF開始【登別】

親子ドライブインシアター/市内の学校で鬼花火予定  登別市はきょう1日、市制施行50周年を迎える。予定していた式典や事業は、新型コロナウイルス感染症で延期や中止となったが、代替事業として未来の...

室蘭民報

需要減の道産花PR、胆振総合振興局 アレンジメント展始まる【室蘭】

 北海道産の花を使用したフラワーアレンジメントの展示会(主催・北海道花き振興協議会、道)が、胆振総合振興局1階ロビー(室蘭市海岸町、むろらん広域センタービル)で28日から始まった。新型コロナウイ...

室蘭民報

7月豪雨被災地、支援しよう あす31日、チャリティービール祭り【登別】

 登別中央飲食店組合、登別中央商店会主催の第5回チャリティービール祭りが30、31の両日、登別市中央町のらいば公園を会場に行われる。7月の豪雨で甚大な被害を受けた熊本県などを支援。新型コロナウイ...

十勝毎日新聞

フードバレー「オンライン」マラソン 参加無料【帯広】

 新型コロナウイルスの影響で今年は中止となった「フードバレーとかちマラソン」の実行委員会(火ノ川好信実行委員長)は、代替大会となるスマートフォン(スマホ)アプリを活用したオンラインマラソンについ...

室蘭民報

マリンパークに温泉マークと鬼 オープン30周年企画水槽【登別】

サカサクラゲを展示  登別マリンパークニクス(登別市登別東町、須川英治支配人)は20日、同施設の30周年を記念して、鬼をテーマにした企画水槽の展示を始めた。登別市市制施行50周年とのコラボレー...