北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

むかわ竜、世界に発信 国際生物学五輪の金メダルデザインに

国際生物学オリンピックの金メダルに採用されたむかわ竜のデザイン(中央)=大会事務局提供

 むかわ町穂別地区で発掘されたハドロサウルス科の草食恐竜「カムイサウルス・ジャポニクス」(通称むかわ竜)が、世界各国の生物学的才能を誇る中高生を対象にした祭典「国際生物学オリンピック2020」の金メダルデザインに採用された。町は「世界の若者が集まる場所でカムイサウルスを発信し、今後のまちづくりにつなげたい」と期待する。

 同オリンピックは、全世界の生物学を志す高校生や中学生が一堂に会し、問題を解く能力などを競う国際大会。1990年に当時のチェコスロバキアで第1回大会が行われた。31回目を迎える今年は81カ国から参加者が集う。当初7月に長崎県で開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえてリモートでの開催(試験8月11、12日、結果発表同24日)となった。

 メダルのデザインに採用された経緯は、日本での開催に当たって大会事務局がむかわ竜の存在を知り、昨年10月、北海道大学総合博物館の小林快次教授に相談を持ち掛けたのが始まり。町は「子どもたちが生物学をはじめとする『学び』への関心をいっそう高めるきっかけになれば」と願う。

 竹中喜之町長は「北海道、日本の宝でもあるカムイサウルスがメダルのモチーフとして採用されたことは大変光栄なこと。過去からよみがえった恐竜化石を含め、子どもたちが新たな科学、生物学に関心を持ち、地球の成り立ちを考える機会になれば」と話し、同時に「カムイサウルスは竜神ということで、コロナウイルスの疫病も退治してほしい」と願いを込めた。

 銀メダルには「ニッポニア・ニッポン」(トキ)、銅メダルには「カメリア・ジャポニカ」(ヤブツバキ)が使用される。

関連記事

函館新聞

スタッフは全員副業 ユニークな働き方のフルーツサンド持ち帰り専門店開店【..

 函館市と青森市で居酒屋「地元家」を展開する「ノースグリード」(稲場康祐社長)は6日、本町7にフルーツサンドの持ち帰り専門 店「ロクテンハチ」をオープンした。スタッフには副業で働く人だけを採用す...

函館新聞

道南全18市町で人口減、函館は減少数全国9位 総務省調査【函館】

 総務省が発表した今年1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査で、道南18市町の日本人人口は42万1955人と前年から7216人減少した。特に函館市は前年比3747人減の25万4146人で...

日高報知新聞

高校生130人が浦河合宿

 合宿誘致を進めている浦河町に5日から2泊3日で、札幌市の北星学園大学附属高校の男子サッカー部と女子バドミントン部、女子テニス部員ら計約130人が合宿し、7日帰郷した。  男子サッカー部は西...

日高報知新聞

管内1位はえりも町 19年度のふるさと納税寄付額

 総務省が5日発表した2019年度のふるさと納税の寄付額は、全国で4875億4000万円(約2334万件)で、前年度の5127億1000万円(約2322万件)から金額で5%ほど減少した。北海道は前...

釧路新聞

「三元交配」の乳牛誕生【中標津】

   町養老牛の中澤牧場で、乳用牛のホルスタイン種にフランスから輸入したモンベリアード種を掛け交わせた子牛が誕生した。病気に強く飼いやすい牛を作り続ける「クロスブリーディング」という手法で、計根別...