北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

本田さん輝くゴールド ジュニアマイスター顕彰制度【室蘭】

難関の国家資格などを取得した(左から)本田さん、千葉さん、髙橋さん

国家資格・検定、数々取得

髙橋さん、千葉さんも危険物乙種全6種

 室蘭工業高校電子機械科3年の本田桜太さん(17)が、全国の工業高校の生徒が、資格・検定の合格を通して身に付けた知識・技術・技能を評価する「ジュニアマイスター顕彰制度」でジュニアマイスターゴールドとなった。同校では快挙。また同科では、ともに3年の髙橋司さん(17)と千葉彪斗さん(18)が、ガソリンや灯油など危険物の取り扱いに必要な国家資格「危険物取扱者」乙種の全6種類を取得した。

 本田さんは、1年生の時に計算技術検定3級と危険物取扱者乙種第4類の資格を取得したのを皮切りに情報技術検定3級やガス溶接技能講習、品質管理検定4級などを次々と取得。

 今年1月には主に電気科の生徒が取得を目指す電気工事士2種に合格。3月には旋盤やフライス盤などを用いた機械加工で技能レベルを証明する国家資格「機械加工技能士」も取得した。本田さんは「新型コロナウイルスの影響で試験が延期になり、取り損ねた資格もある。再開したらその資格も取得したい」と意欲を語った。

 髙橋さんは1年生で危険物取扱者乙種第4類を取得し、今年3月に同2、3類にも合格。「昨年11月に1、5、6類を取る際、試験期間が学校のテスト勉強と重なったので大変でした」と笑う。

 千葉さんは1年生で4類、2年生で残りの1、2、3、5、6類を取得。「資格試験が部活(硬式野球部)の大会と近く、練習の追い込みが必要な中でもしっかり勉強するのが大変だった」と苦労を語った。

 ジュニアマイスター顕彰制度は、2001年度(平成13年度)から施行された公益社団法人全国工業高等学校長協会(全工協会)主催の顕彰制度。全国の工業系学科・工業高校に在籍する高校生が、各種国家資格や検定を取得した場合に区分表に定められた点数を与えられ、得点合計が20点以上で「ジュニアマイスター・ブロンズ」、合計30点以上で「ジュニアマイスター・シルバー」、45点以上で「ジュニアマイスター・ゴールド」の称号が授与される。

関連記事

十勝毎日新聞

小豆収穫 早めのスタート 8、9月の高温で成熟進む【十勝】

 豆の産地の十勝で、小豆の収穫が始まっている。今年は夏場の暑さの影響で登熟が進み、例年より生育が早い。生産者は安全に気を配りながら、コンバインで収穫を進めている。  管内は今年8月下旬から9月...

十勝毎日新聞

“業スー”開店【帯広】

 道東初となる食料品販売大手「業務スーパー」の帯広西5条店が30日午前9時、帯広市西5南18(旧ツルハドラッグ跡)にオープンした。自社工場で製造したプライベートブランド(PB)商品などを多数そろ...

十勝毎日新聞

帯広美術館 200万人突破 開館29年【帯広】

 道立帯広美術館(野崎弘幸館長)は30日午前、開館以来の累計の来場者数が200万人を突破した。節目の来場となった音更町の東海林加奈さん(35)に、記念品が贈られた。  1991年9月に道立5...

室蘭民報

コロナに負けず味守る 「ごぼうのパリパリ漬け」製造の木須夫妻【伊逹】

販路拡大、商品開発に力  伊達市観光物産館の大人気商品・小春ちゃんの漬物「ごぼうのパリパリ漬け」の製造を昨年引き継いだ木須陽平さん(38)と礼依佳さん(39)夫妻=市内山下町。新型コロナウイル...

室蘭民報

今年初めて開催 「夜の水族館」幻想的な空間【室蘭】

 室蘭市祝津町の市立室蘭水族館で26日、「夜の水族館」が今年初めて開かれ、多くの家族連れが、活発に動く夜行性の魚や観覧車からの夜景を楽しんだ。  例年は年4回程度行われている人気のイベント。今...