北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

ニクスの建物売却へ 市、北海道マリンパークに【登別】

北海道マリンパークへ売却する方針が固まった登別マリンパークニクス

 登別市は5日までに、市が所有者で北海道マリンパーク(登別市登別東町)が運営している登別マリンパークニクス(同)の建物を、年内をめどに同社に売却する方針を固めた。同日までに同社に売却を打診し、了承を得た。売却額などは今後両者で協議していく。

 5日に行われた市議会観光・経済委員会(宮武祥子委員長、6人)で報告した。

 市によると、登別マリンパークニクスの建物は市が所有者で、同社と無償貸借契約を締結している。契約期間が来年2月上旬までとなっていることから、数年前から水面下で交渉を重ねてきた。3日には小笠原春一市長が同社の筆頭株主である道内観光業大手・加森観光(札幌)を訪問し、建物を売買する方向で意思確認したという。

 売却の対象となるのは、ニクス城や事務所棟など敷地内にある全ての建物。土地所有者は市などでこれまで通りという。売却額は今後協議していく方針。市は「おおむね年内には施設の売買契約などを含めた事務作業を終わらせたい」としている。

 登別マリンパークニクスは「今後所有者が変更となれば、投資などの面で自由度の高い対応も可能になるのでは。観光客が多いエリアなので地域のためになるよう貢献、活動していきたい」としている。

 北海道マリンパークは1988年(昭和63年)に、市や市内企業などが出資した第三セクターとして発足した。2000年(平成12年)からは経営改善に向けて、加森観光を筆頭株主に迎えている。施設は1990年7月に開業。今年30周年を迎え、1万匹のイワシが泳ぐ銀河水槽やペンギンパレードなどが観光客らに親しまれている。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...