北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

スタッフは全員副業 ユニークな働き方のフルーツサンド持ち帰り専門店開店【函館】

全国の旬の果物を使ったフルーツサンドをPRするスタッフ

 函館市と青森市で居酒屋「地元家」を展開する「ノースグリード」(稲場康祐社長)は6日、本町7にフルーツサンドの持ち帰り専門 店「ロクテンハチ」をオープンした。スタッフには副業で働く人だけを採用するユニークな方針で、それぞれのライフスタイルに合わせた働き方を提案する。

 オープニングスタッフは13人の女性で全員が別に本業を持つ。店舗のレイアウトは結婚式場で働くスタッフの意見を取り入れ、壁に果物の飾りを付けた“SNS映え”する撮影スペースや、地元のハンドメイド作家のアクセサリーや雑貨の展示スペースを設置した。

 フルーツサンドは、イチゴやミカン、マンゴーやシャインマスカットなど、全国各地から取り寄せた旬の果物と道産生クリームを合わせ、「パン エスポワール」(本社・戸倉町)に特注した生食パンに挟んでいる。価格は400~500円代が中心で、常時10種類ほど用意している。

 店舗責任者の稲場響子さんは「1日2時間だけの出勤や、働いているスタッフの子どもが店の中で絵を描いたり、勉強したりして過ごせるなど、楽しく、働きやすい環境をみんなでつくっていきたい」と意気込んでいる。

 稲場社長は「女性が楽しく働きながらコミュニティの輪を広げられる職場をつくりたいと考えた。それぞれの本業で培ってきた知識や技術を店づくりに反映してもらい、会社全体にも波及させていきたい」と話している。

 不定休、午前11時~午後4時。問い合わせは同店(0138・83・1939)へ。

関連記事

苫小牧民報

ウポポイ、修学旅行生の受け入れピーク 見学予約、道内外714校6万700..

 白老町のアイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)で、小中高校の修学旅行生の受け入れがピークを迎えている。施設を管理運営するアイヌ民族文化財団によると、今年度の修学旅行で見学予約を寄せた...

日高報知新聞

三石小に「巨峰」届ける【新ひだか】

【新ひだか】三石蓬栄の幌村建設(幌村司社長)は29日、三石小(野﨑充校長、児童155人)の全校児童に、同社に隣接するビニールハウスで育てたブドウの「巨峰」7箱を贈呈した。  幌村建設は道教委が進め...

日高報知新聞

「香り良くおいしい」【浦河】

 浦河町堺町東1のゲストハウス「MASAGO」で26日、浦河産冬イチゴ「かおり野」を使用したクラフトビール「イチゴ Milk Shake IPA」の試飲会が開かれた。  このビールは、札幌市の澄川...

十勝毎日新聞

小豆収穫 早めのスタート 8、9月の高温で成熟進む【十勝】

 豆の産地の十勝で、小豆の収穫が始まっている。今年は夏場の暑さの影響で登熟が進み、例年より生育が早い。生産者は安全に気を配りながら、コンバインで収穫を進めている。  管内は今年8月下旬から9月...

十勝毎日新聞

“業スー”開店【帯広】

 道東初となる食料品販売大手「業務スーパー」の帯広西5条店が30日午前9時、帯広市西5南18(旧ツルハドラッグ跡)にオープンした。自社工場で製造したプライベートブランド(PB)商品などを多数そろ...