北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

インターアクトクラブ40年ぶり復活 大谷高生が奉仕活動【帯広】

例会でインターアクトクラブの認定証や鐘などを受け取った(左2人目から)帯広大谷高ボランティア部の3人。左端は関口会長、右端は帯広北RCの松岡真勝幹事

 帯広北ロータリークラブ(RC、関口亘会長)は組織内に、12~18歳のメンバーで構成する「インターアクトクラブ」を立ち上げた。帯広大谷高校のボランティア部や生徒会の生徒らが所属し、社会人や大学生と交流しながら奉仕活動に取り組む。十勝・帯広のRCにインターアクトクラブがあったのは1970年代後半までと言われており、約40年ぶりの復活となる。

 RCは国際的な社会奉仕団体・国際ロータリーの地域クラブ。十勝・帯広には五つのクラブがあるが、インターアクトクラブの活動は長らく途絶えていた。

 現在、道内のインターアクトクラブは旭川などの10クラブのみ。今回は帯広北RCの会員が帯広大谷高校のボランティア部に打診し、インターアクトクラブの“再結成”が実現した。

 帯広北RCは7日、ホテル日航ノースランド帯広で開いた例会の席上、インターアクトクラブの結成認定証授与式を行った。認定証や活動に使う鐘や旗などを手渡された同校ボランティア部の神谷涼太部長(16)=2年=は「今は新型コロナウイルスの影響でできることが少ないが、社会人の皆さんの協力で活動の幅が広がるはず。今後はさらに積極的に奉仕活動に取り組んでいきたい」と述べた。

関連記事

苫小牧民報

白老の魅力を発信 おもてなしガイドセンター発足 観光振興に一役

白老町の観光ガイド養成講座を受講した有志らが14日、「白老おもてなしガイドセンター」を立ち上げた。旅行者に豊かな自然やアイヌ文化など白老の魅力を発信する組織。町民17人が会員となり、まちの観光振興...

苫小牧民報

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

十勝毎日新聞

福原「塩ザンギ」金賞 管内スーパーで初 からあげGP【帯広】

 スーパー・福原(帯広市)の総菜「デカ旨!塩ザンギ」が、第12回からあげグランプリ・北日本スーパー惣菜部門で金賞に輝いた。十勝のスーパーでは初めて。同社は「ヘルシーだが、ぱさつきがちな『鶏ムネ肉...

十勝毎日新聞

森の里コミセンに期日前投票所新設 市選管次期衆院【帯広】

 帯広市選挙管理委員会は、年内に実施される衆院選で、森の里コミュニティセンター(西22南4)を新たに期日前投票所とする。新型コロナウイルス感染の拡大防止や、有権者の利便性向上が目的。市内の期日前...

十勝毎日新聞

静かにもぐもぐ 初めての給食 市内小学校【帯広】

 帯広市内の小学校で15日、4月に入学した1年生の給食が始まった。教諭が新型コロナウイルスの感染対策を指導する中、児童は笑顔で給食を頬張った。  開西小(和田尚史校長、児童241人)は今月、3...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス