北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

インターアクトクラブ40年ぶり復活 大谷高生が奉仕活動【帯広】

例会でインターアクトクラブの認定証や鐘などを受け取った(左2人目から)帯広大谷高ボランティア部の3人。左端は関口会長、右端は帯広北RCの松岡真勝幹事

 帯広北ロータリークラブ(RC、関口亘会長)は組織内に、12~18歳のメンバーで構成する「インターアクトクラブ」を立ち上げた。帯広大谷高校のボランティア部や生徒会の生徒らが所属し、社会人や大学生と交流しながら奉仕活動に取り組む。十勝・帯広のRCにインターアクトクラブがあったのは1970年代後半までと言われており、約40年ぶりの復活となる。

 RCは国際的な社会奉仕団体・国際ロータリーの地域クラブ。十勝・帯広には五つのクラブがあるが、インターアクトクラブの活動は長らく途絶えていた。

 現在、道内のインターアクトクラブは旭川などの10クラブのみ。今回は帯広北RCの会員が帯広大谷高校のボランティア部に打診し、インターアクトクラブの“再結成”が実現した。

 帯広北RCは7日、ホテル日航ノースランド帯広で開いた例会の席上、インターアクトクラブの結成認定証授与式を行った。認定証や活動に使う鐘や旗などを手渡された同校ボランティア部の神谷涼太部長(16)=2年=は「今は新型コロナウイルスの影響でできることが少ないが、社会人の皆さんの協力で活動の幅が広がるはず。今後はさらに積極的に奉仕活動に取り組んでいきたい」と述べた。

関連記事

函館新聞

知内町で農福連携試験始まる ニラを掃除刈り【知内】

 【知内】知内町地域産業担い手対策連絡協議会(会長・西山和夫町長)は16日、JA新はこだて知内基幹支店、あすなろ福祉会と協働で、農業分野と福祉分野が連携し、障害者が農業に携わる「農福連携」の試験...

函館新聞

クルミ入りソフトサンデー発売 縄文盛り上げで日乃出食品【七飯】

 【七飯】老舗豆腐メーカー日乃出食品(七飯町緑町3、工藤英洋社長)の直売店「Jⅰmo豆腐Soia plus+(ジモトウフソイアプラス)」は、今月から縄文スイーツ「くるみプラリネのソフトサンデー」を...

十勝毎日新聞

写真だけでも「成人式」 中止の代替、壇上開放【幕別】

 幕別町は19日、新型コロナウイルスの感染拡大で中止とした成人式の代替措置として町百年記念ホールに撮影スポットを設け、開放した。晴れ着やスーツに身を包んだ新成人が訪れ、久々の再会を喜ぶ姿も見られ...

十勝毎日新聞

十勝の風景がブランド向上に一役 よつば乳業のCMが好評【札幌】

 よつ葉乳業が、首都圏と道内で放映しているブランドCMが好評だ。9月1日からテレビ各局で放映を開始したところ、北海道・十勝平野を見下ろすドローン映像に「壮大な北海道らしさが伝わり、すごくいい」とい...

十勝毎日新聞

サケを迎えるアイヌ儀式 許可得て今年も漁【浦幌】

 浦幌町のアイヌ民族団体「ラポロアイヌネイション」(旧浦幌アイヌ協会、差間正樹会長)は19日、サケの遡上(そじょう)を迎える儀式「アシリチェプノミ」を執り行い、神々に祈りをささげ、豊漁を祈願した...