北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

薫製チップ、ネコ砂用木質ペレット 木を活用オリジナル商品-木材業のイワクラ

薫製チップ「燻助」とネコ砂用木質ペレット「ネコペレ」をPRする社員

 総合木材業のイワクラ(苫小牧市晴海町)は、ヤマザクラの薫製チップ「燻助(くんすけ)」と、ネコ砂用の木質ペレット「ネコペレ」の売り込みに力を入れている。木と共に歩んできた創業107年の同社ならではのオリジナル商品。企業間取引がメインだったが、販路拡大へ一般消費者向けに自社のオンラインショップでの取り扱いを開始し、5月からは同市のふるさと納税の返礼品にもなっている。

 肉、魚など食材の薫製に用いる薫製チップの燻助は、胆振東部地震の被災木や後志管内倶知安町などでの造林で得られた広葉樹からヤマザクラを選別して製造する。ヤマザクラを使用した薫製チップは道内では珍しい。「薬剤などの影響を受けていない天然木が原料のため、食材に煙をまとわせても安全に利用できる」(同社)。

 新潟県のアウトドア用品メーカーに出荷し、OEM(相手先ブランドによる生産)商品として全国のアウトドア店にも並ぶ。価格は小売り用が1パック(380グラム)700円(税別)、業務用は1箱(12キロ)4500円(同)。

 ネコペレは、主にストーブの燃料として使われる木質ペレットの販路開拓に当たり、水にぬれるとおがくずに戻る性質に着目。ペレットは一部のネコ愛好家の間でネコ砂代わりに活用され、好評なことから製造ラインを新設して商品化することにした。空知管内栗山町の企業からおがくずを購入し、大型ボイラーでじっくり乾燥させて仕上げる。

 袋入り(5キロ720円、税別)と、オリジナル段ボールケース入り(5キロ1280円、同)を用意。オンラインショップでは、道外からの引き合いもあるという。

 各商品とも昨年9月に発売。今年5月からは、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」で苫小牧市の返礼品メニューに名を連ねている。

 同社は「燻助でいぶされた食材は味がまろやかで香りも芳醇(ほうじゅん)と好評。ネコペレは、おがくずになるとトドマツやカラマツの香りがする木質100%の商品。安全、安心して利用できる」とアピールする。

 問い合わせは同社バイオマスエネルギー課 電話0144(57)5222。

関連記事

十勝毎日新聞

小豆収穫 早めのスタート 8、9月の高温で成熟進む【十勝】

 豆の産地の十勝で、小豆の収穫が始まっている。今年は夏場の暑さの影響で登熟が進み、例年より生育が早い。生産者は安全に気を配りながら、コンバインで収穫を進めている。  管内は今年8月下旬から9月...

十勝毎日新聞

“業スー”開店【帯広】

 道東初となる食料品販売大手「業務スーパー」の帯広西5条店が30日午前9時、帯広市西5南18(旧ツルハドラッグ跡)にオープンした。自社工場で製造したプライベートブランド(PB)商品などを多数そろ...

十勝毎日新聞

帯広美術館 200万人突破 開館29年【帯広】

 道立帯広美術館(野崎弘幸館長)は30日午前、開館以来の累計の来場者数が200万人を突破した。節目の来場となった音更町の東海林加奈さん(35)に、記念品が贈られた。  1991年9月に道立5...

室蘭民報

コロナに負けず味守る 「ごぼうのパリパリ漬け」製造の木須夫妻【伊逹】

販路拡大、商品開発に力  伊達市観光物産館の大人気商品・小春ちゃんの漬物「ごぼうのパリパリ漬け」の製造を昨年引き継いだ木須陽平さん(38)と礼依佳さん(39)夫妻=市内山下町。新型コロナウイル...

室蘭民報

今年初めて開催 「夜の水族館」幻想的な空間【室蘭】

 室蘭市祝津町の市立室蘭水族館で26日、「夜の水族館」が今年初めて開かれ、多くの家族連れが、活発に動く夜行性の魚や観覧車からの夜景を楽しんだ。  例年は年4回程度行われている人気のイベント。今...