北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

好調、過去最高の57億円【新ひだか】

【新ひだか】25日から静内神森の北海道市場で開かれたサラブレッド1歳馬競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)は、28日で4日間の日程を終了した。1072頭(牡597頭、牝475頭)が上場し、825頭(牡474頭、牝351頭)が売却された。売却総額は前年を7億8421万8000円上回る57億2187万円(税込)で、2017年(平成29年)のレコード記録(54億6199万2000円)を更新した。

 売却率は前年比5・20%増の76・96%(牡79・4%、牡73・89%)で、2017年のレコード記録(78・6%)に次ぐ記録となった。購買者登録者数は前年より237人多い1454人だった。

 上場馬の売却は、牡馬が474頭で37億3725万円(平均価格788万4494円)、牝馬が351頭で19億8462万6000円(同565万4188円)で、1頭当たりの平均価格は前年を118万7460円上回る693万5600円だった。

 セール中の最高額取引馬は、2日目に上場された浦河町東栄・ヒダカシーサイドファーム所有で小島牧場生産の牡馬「ナナヨーティアラ2019」(父ハーツクライ)の5280万円。牝馬の最高額は同じく2日目に上場された様似町西様似・中村俊紀牧場生産の「ティーアイディップ2019」(父サトノアラジン)の2640万円。

 同農協の木村貢組合長はサマーセールの結果について報道陣のインタビューに答え、「コロナ禍で、無事競りを開催出来てセレクションセールをサマーセールの前日に開催したことが活況な購買に結びついた」と振り返った。

 24日のセレクション、25~28日のサマー2セールの売却総額の合計は約93億1117万円となっており、本年度新設の9月のセプテンバーセール、10月のオータムセールを控えて3年連続で100億円超えが目前となっている。

 北海道市場で開催の「サマーセール」最終日の28日は241頭(牡143頭、牝98頭)が上場し、194頭(牡114頭、牝80頭)が売却された。売却総額は12億630万2000円、売却率は80・50%だった。平均価格は651万412円。

 最高額取引馬は、新ひだか町静内・グランド牧場生産の牡馬「デラモーレ2019」(父エピファネイア)の3300万円で永井商事が購入。牝の最高額は浦河町西幌別・ガーベラパークスタッド生産の「ハヤブサユウサン2019」(父ハーピンジャー)の2200万円で森中蕃氏が購入した。

最終日に最高額で落札された「デラモーレ2019」

関連記事

函館新聞

おでん、クリスマス列車楽しんで いさ鉄【函館】

 北海道オプショナルツアーズ(札幌)は、道南いさりび鉄道(函館、川越英雄社長)の観光列車「ながまれ海峡号」を使った「いさりびおでん列車」(11月20日)と「クリスマストレイン」(12月25日)を...

函館新聞

乾燥ニンニクいかが 北斗で販売中 ソーシャル・エイジェンシー【北斗】

 【北斗】野菜の有機栽培に取り組む「ソーシャル・エイジェンシー」(函館市富岡町1、榊清市社長)は、自社農場で育てた乾燥ニンニクを販売している。大人のこぶしよりひと回り大きいサイズで、素揚げや丸焼...

日高報知新聞

静内ロータリーへ【新ひだか】

【新ひだか】町は13日、姉妹都市交流事業の中の米国ケンタッキー州レキシントン市語学留学事業資金に300万円を寄付した静内ロータリークラブ(不動新作会長、会員64人)を善行表彰した。  6月26日に創立5...

日高報知新聞

襟裳岬緑化地帯で現地学習【えりも】

【えりも】道立北の森づくり専門学院(旭川市)の1年生35人が12日、襟裳岬国有林の緑化地帯を見学して緑化事業の取り組みを学んだ。  同学院は、林業技術者を養成する2年制の教育機関。学生が道内各地の特...

室蘭民報

アプリ開発イベント「ハッカソンキャンプ」 工学院生チーム優秀賞【登別】

学びの成果発揮  アプリ開発イベント「登別ハッカソンキャンプ」で、日本工学院北海道専門学校ITスペシャリスト科の学生を中心としたチームが優秀賞(1位)を獲得した。学びの成果を発揮した学生たちは、...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス