北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

B☆Bが乗馬の練習【浦河】

 浦河町の特別アドバイザーでプロ野球の北海道日本ハムファイターズのマスコット「B☆B(ビービー)」が9、10の両日、浦河町を訪問し、乗馬練習や野球少年団員、小学生児童と交流した。

 9日は午後2時から、西舎のJRA日高育成牧場の屋内馬場で乗馬練習。8月に同牧場から贈呈された「あぶみ」を使用して初めて行った。

 同牧場担当職員の指導で練習を行ったB☆Bは、7月から乗馬を始めた成果が早くも表れ、常歩(なみあし)、速歩(はやあし)の指示も即座に馬へ伝え、さらに片手離し、両手を腰に当てて騎乗するなど担当職員を驚かせた。

乗馬練習で両手離しを披露するB☆B

 担当職員は「すごく良く乗れている。あぶみをつけて初めてとは思えない騎乗ぶり。これなら障害飛越もできるでしょう。来年の馬フェスタでターフィー(JRAイメージキャラクター)と一緒にショーに出てほしい」と太鼓判を押した。

 B☆Bの活動には5つのミッションがあり、その中での最終目標が来年の秋季町民乗馬大会で飛越競技に出場すること。練習を終えたB☆Bは「プレッシャーがあるけど、飛越までできるようにガンバります!」と筆談で答えた。

 続いて浦河東部小グラウンドを訪問。そこではうらかわ野球少年団、荻伏野球スポーツ少年団、東部リトルベアーズの町内3野球少年団と交流した。

 最初に各少年団と記念撮影をしたあと、集まった約20人の少年団員と1人2回ずつキャッチボール。さらに守備についた団員に、サード、ショート、ファースト、レフト、センター、ライトへB☆Bがノックした。

 団員たちからは「うますぎ!」との声があがりB☆Bもうれしそう。

 バックホームやゲッツーなどの練習メニューをこなし、普段できないB☆Bとの練習に団員たちも熱が入っていた。

グラウンドで野球少年団員にノックするB☆B

 練習後はB☆Bへ質問コーナーが設けられ、団員たちの質問にB☆Bは筆談で丁寧に答えた。「ここでバク転できる?」の質問には早速披露して見せ、団員たちやその保護者から歓声があがった。

 10日は午前9時から西幌別の乗馬公園で堺町小1、2年生(87人)の授業の乗馬教室に参加。児童たちと一緒にポニー馬車体験。B☆Bが手綱を引き、児童3人ずつを乗せてクラブハウス前の駐車場付近を一周した。児童たちは「B☆Bと一緒に乗れて楽しかった」などと感想を話していた。

関連記事

苫小牧民報

ユニークな活動PR 小中学校で出前講座スタート-公営塾あびらぼ

 安平町で開講している公営塾「あびらぼ」のスタッフが9月30日、実際に行っている授業を町内の小中学校で紹介する活動に乗り出した。学校で出前講座を行うのは初めてで、皮切りとなった追分中学校では「ミ...

苫小牧民報

ゆかりの仏具を初公開 八王子千人同心隊長・原半左衛門胤敦が奉納

 苫小牧とゆかりの深い八王子千人同心の隊長、原半左衛門胤敦(たねあつ)が、江戸時代後期に白糠(現釧路管内白糠町)で奉納した仏具が、10日に開幕する苫小牧市美術博物館の企画展で初公開される。同館学...

日高報知新聞

交通事故死ゼロ1000日達成の新冠町へ感謝状【新冠】

【新冠】交通事故死ゼロ1000日を達成した新冠町に9月30日、町役場で日高振興局長から感謝状が贈られた。  2018年1月1日から今年9月26日までの1000日間、町内では交通事故死がなかった。...

日高報知新聞

第39回町民乗馬大会 町内乗馬愛好者が騎乗の腕前を競う

 浦河町西幌別の町乗馬公園で9月27日、第39回町民乗馬大会が開かれ、障害飛越やジムカーナなど7競技で町内乗馬愛好者らが騎乗の腕前を競った。  大会は町と町教委、JRA日高育成牧場、浦河乗馬クラ...

十勝毎日新聞

稲刈り 慣れたよ 途別小【幕別】

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童28人)で1日、学校水田の稲刈りが行われた。全校児童が黄金の稲を次々と刈り取り、収穫の楽しさを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始まった地域の一つ...