北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

アイヌ口承文芸、AIで保存へ 京大・河原教授が音声システム開発-白老

AI音声研究の第一人者の河原京大教授

 京都大学の河原達也教授(情報学研究科)の研究チームがアイヌ民族の口承文芸をアーカイブ化(保存記録)するため、AI(人工知能)を活用した音声認識システムの研究開発を進めている。伝承者がテープで残した民話の語りを自動処理で文字化したり、失われたアイヌ語音声資料を文字から復元したりする技術。白老町で16日に開かれた「アイヌ語アーカイブ研究会」(アイヌ民族文化財団など主催)で研究内容が報告され、参加者は消滅危機にあるアイヌ語の保存や継承に貢献するシステムに期待を寄せた。

 河原教授は、AI音声メディア研究の第一人者として知られる。国会の会議録を作成する自動音声認識システムを開発し、実用化されている。アイヌ民族が継承したウエペケレ(昔話)など口承文芸の保存記録に向けて、システムを応用する研究は2018年度に着手。白老町の旧アイヌ民族博物館から引き継ぎ、民族共生象徴空間(ウポポイ)の国立アイヌ民族博物館で保管されている音声資料などを自動で文字化する研究開発は進み、同博物館によるシステム活用も始まっている。

 音声資料を書き起こす作業は従来、研究者らの手で行われていたが、自動化により作業負担は大きく軽減される。河原教授は「書き起こされていない音声テープは蓄積されており、これを自動処理するAIはアイヌ文化を保存、継承する上で重要な技術となり得る」と言う。

 アイヌ語研究者ら約20人が参加したアーカイブ研究会で河原教授は、逆に文字で記録された口承文芸をAIで音声化する技術についても紹介。伝承者やアイヌ語学習者の声を合成し、失われた音声資料を復元する試みに取り組んでおり、「合成音声の匿名性を高めるためにも、合成に利用するアイヌ語の話者の音声をもっと増やすことが必要」と課題を示した。

 また、今後の研究開発として、日本語とアイヌ語が混じった会話の音声認識と文字化システムの構築や、ウエペケレやユーカラ(英雄叙事詩)といった口承文芸の種別への対応を挙げた。

アイヌ語の音声認識システム研究について報告されたアーカイブ研究会

 研究開発の進展に同博物館の安田益穂学芸員(アイヌ語アーカイブ担当)は「文字だけで残った口承文芸を音声化し、若い世代がアイヌ語を学べる重要なツールとなる」と期待。研究会に参加したアイヌ民族文化財団職員でウポポイのアイヌ語プログラムを担当する山丸賢雄さん(26)は「音声復元技術はアイヌ語に関する新たな発見につながる」と実用化を心待ちにした。

 研究会は17日も開かれ、アイヌ語研究の第一人者で漫画「ゴールデンカムイ」のアイヌ語監修者としても知られる千葉大学文学部の中川裕教授や、北海道大アイヌ・先住民研究センターの北原モコットゥナシ准教授らが研究成果を発表した。

関連記事

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。...

根室新聞

下校見守り活動拡大 保護司会と更生保護女性会【根室】

 根室地区保護司会(袴谷良憲会長)は19日から根室更生保護女性会(原田純子会長)などと協力して、新たに花咲小学校の学校区周辺で下校児童の見守り活動を実施している。  見守り活動は根室地区保護...

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業...

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例...

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばか...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス