北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

キタサンショウウオの環境DNA検出に成功【釧路】

キタサンショウウオの生態や研究結果の今後について語る照井さん

 釧路市のNPO法人環境把握推進ネットワーク─PEG代表の照井滋晴さんや神戸大学大学院の源利文准教授らの研究グループが、釧路湿原の水から絶滅危惧種キタサンショウウオの環境DNA検出に成功した。

 研究成果は国際科学誌「PeerJ」にも掲載されており、湿原内での調査精度向上や他生物の保全などが期待される。研究メンバーは、同大学院生の竹下大輝さんや民間企業のパシフィックコンサルタンツの社員ら6人。川や海の水に溶け出した生物の体組織やふんなどからDNAの断片(環境DNA)を検出する調査研究で、キタサンショウウオを対象に2017年から釧路湿原で行ってきた。

 キタサンショウウオは環境省のレッドリストに登録されており、主な生息地は釧路湿原だが、上士幌町や国後島でも発見例があるという。照井さんは「鳴かない、飛ばない、おとなしいので非常に見つけづらい。加えて、湿原の乾燥化などによって生息できる環境が減ってきている」と語る。

 今回の研究では、キタサンショウウオを卵のう、幼生体、成体の発達段階別に飼育した水槽の水から、環境DNAの検出に成功。さらに、釧路湿原で採取した水からも環境DNAの検出に成功したほか、採水地点から7~10㍍以内で卵のうが発見されるなど、生息域や繁殖地の調査に活用できることが証明された。

 研究グループでは、他の生物にも応用が可能としており、環境アセスメントの調査能力向上などにも期待が寄せられている。照井さんは「この技術を応用すれば、他地域でもキタサンショウウオを発見できるかもしれない」と話していた。

関連記事

根室新聞

特産品で地元出身学生を応援 第2弾 1日から申込受付【根室】

 根室を離れ学業に励む学生に、地元特産品を贈る「根室出身学生応援!根室の旨いをお届け隊」の第2弾の募集が11月1日から始まる。今回も5千円相当分の地場産品詰め合わせを用意し、根室の味を届ける。...

根室新聞

下校見守り活動拡大 保護司会と更生保護女性会【根室】

 根室地区保護司会(袴谷良憲会長)は19日から根室更生保護女性会(原田純子会長)などと協力して、新たに花咲小学校の学校区周辺で下校児童の見守り活動を実施している。  見守り活動は根室地区保護...

苫小牧民報

厚真高生が復旧作業や工場見学 林業現場体験ツアー 未来の担い手育成へ

胆振総合振興局、胆振地域林業担い手確保推進協議会は20日、厚真高校の1年生32人を対象に「林業現場体験バスツアー」を行った。生徒たちは2018年9月の胆振東部地震で被災した厚真町内民有林の復旧作業...

苫小牧民報

公設市場30日まで意見公募 花卉は民間委譲へ 

苫小牧市は、公設地方卸売市場の民間活力導入に向けた準備を進めている。2021年度に青果、水産両市場の管理・運営を指定管理者に移行し、22年度に花卉(かき)市場を民間委譲する計画。市議会の12月定例...

苫小牧民報

王子サーモン ツイッターで 大きな反響、サケの種類を解説

スモークサーモン製造販売の王子サーモン(本社東京、本店苫小牧市)がインターネットの短文投稿サイト「ツイッター」でサケの種類を画像付きで紹介し、反響を呼んでいる。同社は20日に創業53年を迎えたばか...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス