北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

東洋小は最後の運動会【えりも】

【えりも】秋の日差しに恵まれた27日、えりも、東洋、笛舞3小学校の運動会が午前中限定で開かれ、児童たちが元気はつらつと競技に励んだ。庶野、えりも岬小を含む町内5校とも新型コロナウイルス感染拡大防止で1学期は臨時休校や交互登校が続き、6月1日から正常授業に戻ったが、毎年6月中に開催の運動会は全校が2学期の開催となった。

 児童数の減少から、来年4月にえりも小に統合する東洋小(中田美千代校長、児童12人)は、この日が最後の運動会。前日午前中まで雨が降ったが、午後から保護者らがグラウンド整備に励み、さらに当日は、校舎近くのヤギベツ川砂防堰堤工事中の上田建設工業(本社・浦河町、上田正則社長)の従業員3人が、休日を返上して早朝からグラウンド点検と用具準備などで地域貢献した。

 開会式で、神田愛海児童会長は「今年のスローガンは、12人の絆~東洋っ子最後の団結を見せ付けろ!です。練習の成果を発揮して東洋小最後の運動会を盛り上げよう!」と呼び掛け。会場では保護者らが太鼓を打ち鳴らし、大漁旗を振って13種目に挑戦する児童らを励ました。

全校児童12人が紅白に分かれて綱引き=東洋小=

 えりも小(小嶋範彦校長、児童148人)の第143回運動会は、各家庭の観覧人数を制限しての運動会。開会は5・6年生の軽快な鼓笛パレードでスタート。学年別個人単走、1~3年生の「マスカット」、4~6年生の「南中ソーラン」の勇壮な舞い、低、中、高学年別リレー、フィナーレは紅白選手リレーで盛り上がり、大勢の保護者らがわが子の姿をカメラやビデオ撮影に熱中した。

紅白選手リレーでフィナーレを飾る=えりも小=

 笛舞小(櫻井亮校長、児童19人)は、保護者とその家族の参加制限で行われ、万国旗がはためくグラウンドで学年別個人単走でスタート。

 全校児童団体競技の「前へ!前へ!~転んでも立ち上がれ!~」、「応援合戦」、「玉いれ」と続き、「ヨサコイソーラン」では、2色の揃いの法被姿で地域の人たちも加わって勇壮な舞を披露した。

ヨサコイソーランで勇壮な舞いを披露=笛舞小=

関連記事

函館新聞

文団協芸術展で函館市民文化祭開幕 個性光る力作多彩に【函館】

 今年度の函館市民文化祭が30日、市芸術ホールで開幕した。初日はギャラリーでの展示部門「清秋・函館市文団協芸術展」や茶席が設けられた。  市教委と市文化団体協議会(文団協、今井憲克会長)、市...

函館新聞

ナガイモ秋掘り盛ん 強い粘りと甘み 北斗・谷観光農場【北斗】

 【北斗】北斗市向野の谷観光農場(谷文貴代表)で、ナガイモの秋掘りが本格化している。今年産の収量は平年並みの見込みで、31日から直売も始める。  谷さん方では今年1・3ヘクタールに作付け、今...

日高報知新聞

医師住宅建設に寄付募る【浦河】

 住民有志による浦河赤十字病院を応援する会(土井忠男会長)は28日、浦河町社会福祉協議会で記者会見し、老朽化した同病院の医師住宅2棟を、今年度中に東町に新築することにあたり、改修費用を会員や住民か...

日高報知新聞

町の総合計画に高校生提言【平取】

【平取】第6次町総合計画の後期計画の策定にあたり「平取高校生まちづくりプレゼンテーション」が29日、ふれあいセンターびらとりで開かれ、1、2年生の生徒たち3組が町の課題と解決策について考えを述べた...

根室新聞

NET119緊急通報を導入 1日から運用【根室】

 根室市消防本部は11月1日から、音声での119番通報が困難な聴覚や言語機能などに障がいがある人がスマートフォンから画面操作等で消防に通報することができる「NET119緊急通報システム」の運用...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス