北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

間伐や木道作り、子どもら体験 全国育樹祭1年前イベント-苫東・和みの森

間伐した木を森から運び出す子どもたち。左は「みどりの女神」の井戸川さん

 来年10月に開催される第44回全国育樹祭の開催1年前イベントが10日、お手入れ会場となる苫小牧市静川の「苫東・和みの森」で開かれた。子どもたちを含む約80人が間伐や木道作りなどに参加。2020ミス日本みどりの女神の大学生、井戸川百花さん(20)も加わり、育樹活動を体験した。

 1年後の開催に向けた機運を高める目的で、苫東・和みの森運営協議会、道、国土緑化推進機構などが主催。育樹祭は今年10月3、4日に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて1年延期された。

 会場では、07年の第58回全国植樹祭で参加者が植えたカシワの木を間伐。同協議会メンバーの指導で、のこぎりを手にした親子が堅さに苦闘しながら伐採に臨んだ。浜町の小学2年、瀬川愛大君(7)は「切るのが難しいけど、楽しかった」と笑顔。間伐材は市内の銭湯でまきとして使われる。井戸川さんも「子どもたちと力仕事をして、森の活用の仕方を目の当たりにできた」と話した。

 全国育樹祭は来年10月9日に苫東・和みの森でお手入れ行事、10日に札幌市の道立総合体育センター(北海きたえーる)で式典行事を行う予定。今月9日には札幌市内で、1年前記念イベントとしてカウントダウンボード除幕式やオンライン座談会が行われた。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩 浦河赤十字看護専門学校で戴帽式

 浦河赤十字看護専門学校(学校長・大柏秀樹浦河赤十字病院長)=浦河町東町ちのみ1=の第31回戴帽式が23日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女19人が看護の...

根室新聞

産学官金が連携 海鮮パスタソース開発【根室】

 根室で食品卸売業を営む根室商業協同組合(加藤順二理事長)と㈲伊藤畜産(伊藤泰通社長)はこのほど、産学官金連携による根室産水産物等を活用した新たな商品開発に取り組み、根室商工会議所、地元の水産...

根室新聞

オオハクチョウ 渡りに遅れか【根室】

 春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターは22日、今季最初のオオハクチョウ飛来数調査を風蓮湖、温根沼周辺で行った。確認羽数は392羽で、過去5年平均(1064.8羽)に比べて大幅に少なかった。同セ...

苫小牧民報

ししゃもやタラコ、特産品並ぶ 東胆振物産まつり開幕

 第37回東胆振物産まつり(同実行委員会主催)が23日、苫小牧市木場町のMEGAドン・キホーテ苫小牧店3階で開幕した。東胆振1市4町から12店が出店し、開始直後から多くの買い物客が訪れている。新...

苫小牧民報

25日に秋の食遊フェス 苫小牧の4社が共同企画-店同士のコラボ商品も

 食欲の秋を楽しもう―。苫小牧市内の飲食店などを集めた食と体験のイベント「秋のとまこまい食遊フェス」が25日、しらかば町3の空揚げ専門店「からあげ専科 鶏から屋しらかば店」の駐車スペースと近接する...