北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

絶品動画に25万人舌鼓 料理人 鈴木さん「中華一筋」【帯広】

 中華料理人の鈴木邦彦さん(54)が更新を続けるYouTube(ユーチューブ)チャンネル「中華一筋」が好評だ。チャンネル登録者数は25万人を超え、9月末には初の著書「読めば読むほどウマくなる!中華一筋のべっぴん絶品料理」(大和書房)も出版した。鈴木さんは「中華料理人を志す人が減る中、少しでも関心を持つきっかけになればと思い始めた。今後も発信を続けたい」と意気込んでいる。

初の著書(左)と自身のYouTubeチャンネルについて語る鈴木さん

 鈴木さんは1966年帯広市生まれ。啓西小、第五中、帯広農業高、専修大学北海道短期大学(美唄市、当時)卒。横浜中華街の中華料理店で修業を積み、91年から父が創業した現在の店で勤務している。

 鈴木さんは料理人を目指す人が減る中、中華料理を志し、さらに帯広で働く人がほとんどいないことを課題に感じてきた。かねて日本中国料理協会帯広支部長を務めるほか、同協会の会員を紹介する手製の冊子を昨年までに7号配布するなど業界の盛り上げに奔走してきた。

 そんな中、昨年1月からYouTubeで動画投稿を開始。最初は収益化のラインとされる登録者1000人を目指そうと始めたという。大量の食材を仕込む厨房(ちゅうぼう)の風景を淡々と流す、気取らない動画が評判を呼び、国内だけでなく台湾や米国からの反響もあった。朝から夜まで業務に追われる中、動画撮影から編集をスマートフォンで済ませ、午前の仕込み中に数十分で終わらせる。鈴木さんが撮影で作った料理を、厨房スタッフがまかないとして食すシーンも動画の名物になった。

 YouTubeでの反響を受け、大和書房から出版の依頼があり、今年7月ごろから本の執筆に没頭した。動画の概要欄につづってきた軽快な文体を軸に、調理法だけでなく、料理にまつわる、よもやま話も記した。「書きものをするのは嫌いじゃなかった」(鈴木さん)と話すように、協会で作ってきた冊子作りが思わぬ形で役立った。

 書籍は発売早々、重版が決まり、1万部近くが出版されることになった。Amazonの中華料理のカテゴリー内ではベストセラー1位(11日時点)になっている。鈴木さんは「これからも毎日投稿する動画の中で厨房の素の日常を見せ、中華料理に興味を持ってくださる方を地道に増やしていきたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

豚丼老舗「ぱんちょう」仮店舗にも行列【帯広】

 豚丼の老舗「ぱんちょう」が、帯広市東1南5の仮店舗で営業を再開した。長年愛されていた帯広市西1南11の旧店舗は建て替えることにし、8月30日から休業していた。移転後も相変わらずの人気で、休日には...

十勝毎日新聞

広尾高生スイーツ登場 セイコーマート【広尾】

 広尾高校3年の内山佳菜さん(18)と工藤唯さん(17)が考案したスイーツ「キュートなシロクマモンブラン」が26日、全道のセイコーマートで発売された。  商品は、シロクマの顔を表現したチーズ...

十勝毎日新聞

今年は来店ラリー方式 「マルシェ」好調【十勝】

 十勝管内の飲食店などを巡る「とかちマルシェ」(9月19日~10月末)が最終盤を迎えた。割引チケットやスタンプラリーの効果もあり、飲食店の利用促進や地域を越えた回遊につながっていると評価されている...

苫小牧民報

25日に秋の食遊フェス 苫小牧の4社が共同企画-店同士のコラボ商品も

 食欲の秋を楽しもう―。苫小牧市内の飲食店などを集めた食と体験のイベント「秋のとまこまい食遊フェス」が25日、しらかば町3の空揚げ専門店「からあげ専科 鶏から屋しらかば店」の駐車スペースと近接する...

苫小牧民報

早来かりんず「ハスカップ最中」商品化 甘さと酸味、爽やかな味わい-安平

 安平町安平の菓子製造「早来かりんず」(宮本勲代表)が、厚真産ハスカップを使った「ハスカップ最中」を商品化した。23~25日に苫小牧のMEGA(メガ)ドン・キホーテで開かれる東胆振物産まつりに出...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス