北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

絶品動画に25万人舌鼓 料理人 鈴木さん「中華一筋」【帯広】

 中華料理人の鈴木邦彦さん(54)が更新を続けるYouTube(ユーチューブ)チャンネル「中華一筋」が好評だ。チャンネル登録者数は25万人を超え、9月末には初の著書「読めば読むほどウマくなる!中華一筋のべっぴん絶品料理」(大和書房)も出版した。鈴木さんは「中華料理人を志す人が減る中、少しでも関心を持つきっかけになればと思い始めた。今後も発信を続けたい」と意気込んでいる。

初の著書(左)と自身のYouTubeチャンネルについて語る鈴木さん

 鈴木さんは1966年帯広市生まれ。啓西小、第五中、帯広農業高、専修大学北海道短期大学(美唄市、当時)卒。横浜中華街の中華料理店で修業を積み、91年から父が創業した現在の店で勤務している。

 鈴木さんは料理人を目指す人が減る中、中華料理を志し、さらに帯広で働く人がほとんどいないことを課題に感じてきた。かねて日本中国料理協会帯広支部長を務めるほか、同協会の会員を紹介する手製の冊子を昨年までに7号配布するなど業界の盛り上げに奔走してきた。

 そんな中、昨年1月からYouTubeで動画投稿を開始。最初は収益化のラインとされる登録者1000人を目指そうと始めたという。大量の食材を仕込む厨房(ちゅうぼう)の風景を淡々と流す、気取らない動画が評判を呼び、国内だけでなく台湾や米国からの反響もあった。朝から夜まで業務に追われる中、動画撮影から編集をスマートフォンで済ませ、午前の仕込み中に数十分で終わらせる。鈴木さんが撮影で作った料理を、厨房スタッフがまかないとして食すシーンも動画の名物になった。

 YouTubeでの反響を受け、大和書房から出版の依頼があり、今年7月ごろから本の執筆に没頭した。動画の概要欄につづってきた軽快な文体を軸に、調理法だけでなく、料理にまつわる、よもやま話も記した。「書きものをするのは嫌いじゃなかった」(鈴木さん)と話すように、協会で作ってきた冊子作りが思わぬ形で役立った。

 書籍は発売早々、重版が決まり、1万部近くが出版されることになった。Amazonの中華料理のカテゴリー内ではベストセラー1位(11日時点)になっている。鈴木さんは「これからも毎日投稿する動画の中で厨房の素の日常を見せ、中華料理に興味を持ってくださる方を地道に増やしていきたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

豆まき 十勝産で 芽室の落花生 袋詰め作業【帯広】

 2月2日の「節分」を前に、芽室町産殻付き落花生の袋詰め作業が本格化している。落花生は「十勝グランナッツプロジェクト」のメンバーで、藤井信二さんを中心とする芽室町上伏古地区の農家10軒が生産し...

苫小牧民報

ジンギスカン「あびじん」開発 ロース赤身肉ホエーで熟成

 安平町内の食品加工会社「ジャパンフーズサービス」(早来大町)が、チーズ生産時にできるホエーを使って熟成させた特製赤身肉の新しいジンギスカン「あびじん」を開発した。軟らかさと羊肉本来のうま味や香...

十勝毎日新聞

テレビで見たあの味求め 藤丸で「TBS&HBCおめざ」【帯広】

 TBS系列の人気番組で紹介されたグルメが集まる「オールTBS&HBCおめざ感謝祭」が21日、帯広市内の藤丸7階催し会場で始まった。全国各地の“美食”を求めて初日から多くの人でにぎわっている。29...

十勝毎日新聞

果物ぎっしりサンド フルーツスタジオ、ハピオがコラボ【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営する「ハピオ」(音更町木野大通西7)は、帯広市内のスイーツ店「Fruit Studio(フルーツスタジオ)」とのコラボ商品「フルーツサンド」を21日か...

十勝毎日新聞

カフェ「フォーシーズン」 「安くいっぱい」思いメガ盛り【上士幌】

 地域住民らから長年愛されてきた上士幌町のカフェ「フォーシーズン」(上士幌東3線)の名物といえば、4合もの白米を使った「オムライス・大」(1260円)。新聞やテレビなどで取り上げられたこともある名...