北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

絶品動画に25万人舌鼓 料理人 鈴木さん「中華一筋」【帯広】

 中華料理人の鈴木邦彦さん(54)が更新を続けるYouTube(ユーチューブ)チャンネル「中華一筋」が好評だ。チャンネル登録者数は25万人を超え、9月末には初の著書「読めば読むほどウマくなる!中華一筋のべっぴん絶品料理」(大和書房)も出版した。鈴木さんは「中華料理人を志す人が減る中、少しでも関心を持つきっかけになればと思い始めた。今後も発信を続けたい」と意気込んでいる。

初の著書(左)と自身のYouTubeチャンネルについて語る鈴木さん

 鈴木さんは1966年帯広市生まれ。啓西小、第五中、帯広農業高、専修大学北海道短期大学(美唄市、当時)卒。横浜中華街の中華料理店で修業を積み、91年から父が創業した現在の店で勤務している。

 鈴木さんは料理人を目指す人が減る中、中華料理を志し、さらに帯広で働く人がほとんどいないことを課題に感じてきた。かねて日本中国料理協会帯広支部長を務めるほか、同協会の会員を紹介する手製の冊子を昨年までに7号配布するなど業界の盛り上げに奔走してきた。

 そんな中、昨年1月からYouTubeで動画投稿を開始。最初は収益化のラインとされる登録者1000人を目指そうと始めたという。大量の食材を仕込む厨房(ちゅうぼう)の風景を淡々と流す、気取らない動画が評判を呼び、国内だけでなく台湾や米国からの反響もあった。朝から夜まで業務に追われる中、動画撮影から編集をスマートフォンで済ませ、午前の仕込み中に数十分で終わらせる。鈴木さんが撮影で作った料理を、厨房スタッフがまかないとして食すシーンも動画の名物になった。

 YouTubeでの反響を受け、大和書房から出版の依頼があり、今年7月ごろから本の執筆に没頭した。動画の概要欄につづってきた軽快な文体を軸に、調理法だけでなく、料理にまつわる、よもやま話も記した。「書きものをするのは嫌いじゃなかった」(鈴木さん)と話すように、協会で作ってきた冊子作りが思わぬ形で役立った。

 書籍は発売早々、重版が決まり、1万部近くが出版されることになった。Amazonの中華料理のカテゴリー内ではベストセラー1位(11日時点)になっている。鈴木さんは「これからも毎日投稿する動画の中で厨房の素の日常を見せ、中華料理に興味を持ってくださる方を地道に増やしていきたい」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

管内8店の“あんことミルク”食べて応援【十勝】

 十勝を代表する小豆や乳製品の消費喚起を目的に、管内8店舗のオリジナル商品を応援する「あずき食べてみるく?キャンペーン」が、30日まで行われている。同キャンペーン事務局は「小豆と乳製品の相性は抜群...

十勝毎日新聞

十勝産品3割引き 今年も応援企画 藤丸と振興局【十勝】

 新型コロナウイルスで苦しむ地域の食品関連業者を応援しようと、藤丸と十勝総合振興局は昨年に続き、「とかち元気プロジェクト」を企画した。期間内配送限定で、十勝産品のセット商品を定価の3割引きで購入...

十勝毎日新聞

すし修業生かし海鮮丼 「福来太郎」新ランチメニュー【本別】

 本別町内の飲食店「福来(ふき)太郎」は、新ランチメニューに海の幸たっぷりの「海鮮チラシ丼」を登場させた。同店を経営する物まねタレントの何ン田研二さんは「すし店で働いた腕を披露したい」と来店を呼...

十勝毎日新聞

十勝和牛セットウェブで販売中 中止の「感謝祭」で提供予定【帯広】

 十勝和牛プロジェクト実行委員会(事務局・十勝毎日新聞社営業局)は30日まで、ウェブサイト「どこでもお祭り北海道https://hokkaidodokofesjp/」を通じて「十勝和牛」を販売している。十勝和牛感謝祭の中...

十勝毎日新聞

「帯廣ジンギスカン」発売 氷室熟成で軟らかく 東洋食肉販売【帯広】

 東洋食肉販売十勝事業所(帯広市)は1日から、「帯廣ジンギスカン」の販売を始めた。特製タレにつけ込み、肉が凍る直前の温度を保つ貯蔵庫で熟成した軟らかさが魅力のジンギスカン。ハピオ(音更町)と、と...