北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

おもてなし力お墨付き 経産省の「トラベラー・フレンドリー金認証」 久恵比寿 市内で初取得

 苫小牧市や近郊で回転すし店「クリッパー」「旬楽」などを展開する久恵比寿(同市新富町)は、経済産業省の「おもてなし規格認証制度」で、一定のサービス品質を保ちながらインバウンド(訪日外国人旅行者)対応に積極的な事業所に与えられる「トラベラー・フレンドリー金認証」を市内で初めて取得した。同社は「創業60周年の節目に、おもてなしの認証を取得できてうれしい」と喜んでいる。

おもてなし規格認証制度のトラベラー・フレンドリー金認証取得を喜ぶ従業員たち

 同制度を運用する一般社団法人サービスデザイン推進協議会(東京)などによると、認証日は7月31日で、認証書の発行は9月11日付。本社と市内外6店舗の計7事業所で同認証を取得した。1960年の創業以来、接客力向上に力を注いできた同社は「おもてなし力」を評価する国の制度を探していたといい、今年3月に申請した。

 新型コロナウイルス流行下のため、店内などの写真を第三者認証機関の一つである日本CSR協会(東京)に送付。ビデオ会議システム「Zoom(ズーム)」を使った聴き取り調査などの結果、「経験や勘のみによらずIT(情報技術)を利用した情報の可視化・一元管理が行われている」「在籍年数が10年を超える外国人従業員がいる」ことなどが高く評価された。  来店客に占めるインバウンドの割合は旅行客の利用が多い旬楽千歳店で5%ほど、店舗全体で3~4%。メニューの英語、中国語、韓国語表記や中国人スタッフなどの配置を進め、日本人スタッフが英語と中国語、韓国語の勉強会を開いて対応力を磨く。

 調理技術研修、マネジメント外部研修などを用意し、キャリアパス(キャリアアップの道筋)提示による社員の働きがい向上にも努めてきた。畑中稔社長は「安心、安全を貫き、これからも『いつもおいしいね』と言ってもらえる店舗運営をしていく。どの国の人が来ても使い勝手の良い店にしたい」と力を込めた。

 おもてなし規格認証制度は経産省がサービスの品質を見える化し、業界の活性化、生産性向上につなげようと2017年に創設した。地域との関係づくりを含む30項目で審査され、金認証は紫認証、紺認証に次ぐ位置付け。「顧客の期待を上回るサービスを提供している事業者」のお墨付きで、インバウンド対応にも積極的な事業所には、トラベラー・フレンドリー認証が与えられる。

関連記事

根室新聞

産学官金が連携 海鮮パスタソース開発【根室】

 根室で食品卸売業を営む根室商業協同組合(加藤順二理事長)と㈲伊藤畜産(伊藤泰通社長)はこのほど、産学官金連携による根室産水産物等を活用した新たな商品開発に取り組み、根室商工会議所、地元の水産...

根室新聞

オオハクチョウ 渡りに遅れか【根室】

 春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターは22日、今季最初のオオハクチョウ飛来数調査を風蓮湖、温根沼周辺で行った。確認羽数は392羽で、過去5年平均(1064.8羽)に比べて大幅に少なかった。同セ...

苫小牧民報

ししゃもやタラコ、特産品並ぶ 東胆振物産まつり開幕

 第37回東胆振物産まつり(同実行委員会主催)が23日、苫小牧市木場町のMEGAドン・キホーテ苫小牧店3階で開幕した。東胆振1市4町から12店が出店し、開始直後から多くの買い物客が訪れている。新...

苫小牧民報

25日に秋の食遊フェス 苫小牧の4社が共同企画-店同士のコラボ商品も

 食欲の秋を楽しもう―。苫小牧市内の飲食店などを集めた食と体験のイベント「秋のとまこまい食遊フェス」が25日、しらかば町3の空揚げ専門店「からあげ専科 鶏から屋しらかば店」の駐車スペースと近接する...

日高報知新聞

同級生がサポートし開催【新ひだか】

【新ひだか】三石歌笛の竹内良子さん(73)の「絵手紙展」が22日から、三石本町の町総合町民センターはまなすロビーで始まった。入場無料。  竹内さんは町内三石歌笛で美容室を営業。20年以上前、NHKの放...