北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

苫小牧初の民間PCR拠点 屋外に簡易検査場 さくらファミリークリニックが導入

 苫小牧市東開町のさくらファミリークリニック(朴繁京院長)が市内の民間医療機関としては初めて、新型コロナウイルスの遺伝子検査(PCR検査)と抗原検査、精密抗体検査の受け付けを始めた。道の行政検査のほか、一般の検査希望にも対応。感染拡大防止と院内感染リスクを避けるため屋外に簡易検査場を設け、ウオークスルー方式で行っている。今冬はインフルエンザとの同時流行が懸念されており、早期に検査結果を把握し、適切な治療に結び付けたい考えだ。

「検査結果を踏まえて迅速な治療につなげたい」と話す朴院長

 朴院長はコロナの感染拡大で検査希望者が増えていることなどを踏まえ、「発熱などの原因を見極め、迅速な治療につなげるために必要と考えた」とし、今年5月に国内で初めて承認された新型コロナウイルス抗原検査キットを導入。9月29日からPCR検査などの受け付けを始めた。

 検査は原則車両で来院とし、他の外来患者との接触がないよう、同院の裏側に設置した簡易検査場で検体を採取する。朴院長も全身防護服で対応する。PCRの場合は結果が出るまで2日要するが、抗原検査は30分ほどで感染の有無が分かる。また、血液を採取して行う精密抗体検査も同時に実施できる。これまで25人を検査しているが、全員陰性だったという。

 検査結果が陽性だった場合、連携先の保健所につなぐ。陰性の場合は必要に応じて院内で診療する。

 PCR検査は税込み2万5000円。精密抗体検査は同4000円となっている。行政検査扱いの抗原検査は保険診療となり、検査代金は掛からないが初診および再診料などは有料。今後流行が予想されるインフルエンザも同時に検査できる。職場単位での検査受け付けや検査結果証明書の発行(有料)にも応じる。検査を受ける場合は事前の電話予約が必要。

 苫小牧市内のコロナ検査はこれまで、苫小牧保健所と苫小牧市医師会などが設置した苫小牧PCR検査センターの2カ所に限られていた。朴院長は「今後も民間医療機関で検査できる態勢が整ってほしい」と期待を寄せている。  問い合わせや検査予約は同院 電話0144(55)6526。

関連記事

根室新聞

産学官金が連携 海鮮パスタソース開発【根室】

 根室で食品卸売業を営む根室商業協同組合(加藤順二理事長)と㈲伊藤畜産(伊藤泰通社長)はこのほど、産学官金連携による根室産水産物等を活用した新たな商品開発に取り組み、根室商工会議所、地元の水産...

根室新聞

オオハクチョウ 渡りに遅れか【根室】

 春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターは22日、今季最初のオオハクチョウ飛来数調査を風蓮湖、温根沼周辺で行った。確認羽数は392羽で、過去5年平均(1064.8羽)に比べて大幅に少なかった。同セ...

苫小牧民報

ししゃもやタラコ、特産品並ぶ 東胆振物産まつり開幕

 第37回東胆振物産まつり(同実行委員会主催)が23日、苫小牧市木場町のMEGAドン・キホーテ苫小牧店3階で開幕した。東胆振1市4町から12店が出店し、開始直後から多くの買い物客が訪れている。新...

苫小牧民報

25日に秋の食遊フェス 苫小牧の4社が共同企画-店同士のコラボ商品も

 食欲の秋を楽しもう―。苫小牧市内の飲食店などを集めた食と体験のイベント「秋のとまこまい食遊フェス」が25日、しらかば町3の空揚げ専門店「からあげ専科 鶏から屋しらかば店」の駐車スペースと近接する...

日高報知新聞

同級生がサポートし開催【新ひだか】

【新ひだか】三石歌笛の竹内良子さん(73)の「絵手紙展」が22日から、三石本町の町総合町民センターはまなすロビーで始まった。入場無料。  竹内さんは町内三石歌笛で美容室を営業。20年以上前、NHKの放...