北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

マガン 夜明けの空覆う ウトナイ湖から一斉に飛び立つ

 

ウトナイ湖で羽を休め、早朝にねぐらだちするマガンの群れ=14日午前6時ごろ

り鳥の飛来シーズンを迎えた、苫小牧市植苗のウトナイ湖。早朝、湖上で羽を休めて英気を養ったガン類が、夜明けとともに一斉に飛び立つねぐらだちを見ることができる。

 繁殖のためロシアなどで過ごした水鳥が本州に向かう途中、ウトナイ湖を中継地として羽を休めている。今年も9月からマガンやヒシクイを確認。今月に入ってからはコハクチョウ、オオハクチョウも飛来した。

 14日早朝、まだ薄暗い中、湖には渡りマガンの「キャハハン、キャハハン」という声が響いていた。東の空が明るくなる頃には湖上は少しずつざわつきはじめ、鳴き声も大きくなった。やがて豪快な羽ばたきの音をあげながら群れが一斉に飛び立ち、越冬地への旅路を急いだ。

 日本野鳥の会によると、ねぐらだちは11月まで見ることができる。懐中電灯の明かりやカメラのフラッシュは鳥を驚かしてしまうといい、水辺では配慮するよう呼び掛けている。

関連記事

根室新聞

産学官金が連携 海鮮パスタソース開発【根室】

 根室で食品卸売業を営む根室商業協同組合(加藤順二理事長)と㈲伊藤畜産(伊藤泰通社長)はこのほど、産学官金連携による根室産水産物等を活用した新たな商品開発に取り組み、根室商工会議所、地元の水産...

根室新聞

オオハクチョウ 渡りに遅れか【根室】

 春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターは22日、今季最初のオオハクチョウ飛来数調査を風蓮湖、温根沼周辺で行った。確認羽数は392羽で、過去5年平均(1064.8羽)に比べて大幅に少なかった。同セ...

苫小牧民報

ししゃもやタラコ、特産品並ぶ 東胆振物産まつり開幕

 第37回東胆振物産まつり(同実行委員会主催)が23日、苫小牧市木場町のMEGAドン・キホーテ苫小牧店3階で開幕した。東胆振1市4町から12店が出店し、開始直後から多くの買い物客が訪れている。新...

苫小牧民報

25日に秋の食遊フェス 苫小牧の4社が共同企画-店同士のコラボ商品も

 食欲の秋を楽しもう―。苫小牧市内の飲食店などを集めた食と体験のイベント「秋のとまこまい食遊フェス」が25日、しらかば町3の空揚げ専門店「からあげ専科 鶏から屋しらかば店」の駐車スペースと近接する...

日高報知新聞

同級生がサポートし開催【新ひだか】

【新ひだか】三石歌笛の竹内良子さん(73)の「絵手紙展」が22日から、三石本町の町総合町民センターはまなすロビーで始まった。入場無料。  竹内さんは町内三石歌笛で美容室を営業。20年以上前、NHKの放...