北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

農薬散布 ドローン3機編隊 国内初、実演【幕別】

 JA幕別町(前川厚司組合長)を代表機関とするスマート農業実証試験の共同事業体は14日、町糠内のほ場で、国内初となる農薬散布ドローン3機の編隊飛行を実演し、関係者に公開した。

国内初となる3機編隊飛行が披露された公開実演

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う国の緊急経済対策「労働力不足の解消に向けたスマート農業実証」の一環。農研機構からの委託事業として、全国24件が採択された。

 幕別の取り組みには町、十勝農協連、NTTドコモも共同実証機関として参加。規模拡大が進むJA組合員の人手不足解消に向け、ドローンによる農薬散布作業の外部委託化の可能性を探る。スマート農業の担い手育成も目指し、帯広農業高と帯広工業高の生徒も実証に参加する。

 この日は関係者ら130人が見学、業界大手DJI(中国)の農薬散布ドローン「T20」を使用した。同時に離陸した3機は、あらかじめ設定されたルートに沿ってほ場を往復、水を散布した。3機編隊飛行では1時間で9ヘクタールの散布が可能。

 同JAは11月に組合員のほ場100ヘクタールで3機編隊飛行による秋まき小麦の雪腐病防除を行い、ラジコンヘリとの間で効率性を比較検証する。

 T20のライセンスを取得した帯広農業の生徒は10人で、同日は3年の森谷大空さんと山本宜享さんがデモフライトを披露した。卒業後は実家(畑作)で就農する森谷さんは、「遠隔での農薬散布で作業が楽になる。将来はドローンを持つ農家が多くなると思う」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

看護の道へ第一歩 浦河赤十字看護専門学校で戴帽式

 浦河赤十字看護専門学校(学校長・大柏秀樹浦河赤十字病院長)=浦河町東町ちのみ1=の第31回戴帽式が23日、浦河赤十字病院4階体育館で行われ、厳かな雰囲気の中、今春入学した1年生男女19人が看護の...

根室新聞

産学官金が連携 海鮮パスタソース開発【根室】

 根室で食品卸売業を営む根室商業協同組合(加藤順二理事長)と㈲伊藤畜産(伊藤泰通社長)はこのほど、産学官金連携による根室産水産物等を活用した新たな商品開発に取り組み、根室商工会議所、地元の水産...

根室新聞

オオハクチョウ 渡りに遅れか【根室】

 春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターは22日、今季最初のオオハクチョウ飛来数調査を風蓮湖、温根沼周辺で行った。確認羽数は392羽で、過去5年平均(1064.8羽)に比べて大幅に少なかった。同セ...

苫小牧民報

ししゃもやタラコ、特産品並ぶ 東胆振物産まつり開幕

 第37回東胆振物産まつり(同実行委員会主催)が23日、苫小牧市木場町のMEGAドン・キホーテ苫小牧店3階で開幕した。東胆振1市4町から12店が出店し、開始直後から多くの買い物客が訪れている。新...

苫小牧民報

25日に秋の食遊フェス 苫小牧の4社が共同企画-店同士のコラボ商品も

 食欲の秋を楽しもう―。苫小牧市内の飲食店などを集めた食と体験のイベント「秋のとまこまい食遊フェス」が25日、しらかば町3の空揚げ専門店「からあげ専科 鶏から屋しらかば店」の駐車スペースと近接する...