北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

大地みらい基金が小冊子制作「いつもジャズの傍にいた。」【根室】

19日から配布される小冊子

 一般財団法人大地みらい基金(遠藤修一理事長)は、根室のジャズ文化を後世に伝えようと、根室とジャズの歴史やエピソードをまとめた小冊子「いつもジャズの傍にいた。」を制作した。19日から喫茶「サテンドール」と大地みらい信用金庫本支店で希望者に無料配布する。

 冊子は、根室のジャズ文化を育み発信する源となったジャズ喫茶「サテンドール」の元店主谷内田一哉さんが保存してきた資料を基にまとめられた。

 谷内田さんとサテンドール、一流のジャズプレイヤーを次々と根室に迎えて生のジャズを楽しむ機会を提供してきたネムロ・ホット・ジャズ・クラブの歩みにスポットを当て、ジャズの街根室と呼ばれる由来や根室ゆかりの楽曲、名盤誕生の経緯など根室とジャズの歴史を分かりやすくまとめている。

 縦・横21センチメートルのサイズは、EP盤レコードジャケット風。表紙写真もセピア調にして雰囲気を出している。16ページにわたる読み物には年表、コンサート、チケット、レコードジャケットなど関係者には懐かしい画像が豊富に取り入れられた。

 大地みらい基金は、谷内田一哉さんが長年経営した喫茶「サテンドール」を閉店する際に、およそ2500枚を数えたジャズのレコードコレクションを継承。根室のジャズ文化発信拠点としてのサテンドールは、根室市が募集した地域おこし協力隊によって営業を継続している。

 基金は、根室ゆかりの名盤を紹介するパネルを作り、今年7月、サテンドールを皮切りに展示を開始するなど、根室のジャズ文化の保存伝承に力を入れている。

 冊子の無料配布は、作成した千部がなくなり次第終了する。

関連記事

日高報知新聞

医師住宅建設に寄付募る【浦河】

 住民有志による浦河赤十字病院を応援する会(土井忠男会長)は28日、浦河町社会福祉協議会で記者会見し、老朽化した同病院の医師住宅2棟を、今年度中に東町に新築することにあたり、改修費用を会員や住民か...

日高報知新聞

町の総合計画に高校生提言【平取】

【平取】第6次町総合計画の後期計画の策定にあたり「平取高校生まちづくりプレゼンテーション」が29日、ふれあいセンターびらとりで開かれ、1、2年生の生徒たち3組が町の課題と解決策について考えを述べた...

根室新聞

NET119緊急通報を導入 1日から運用【根室】

 根室市消防本部は11月1日から、音声での119番通報が困難な聴覚や言語機能などに障がいがある人がスマートフォンから画面操作等で消防に通報することができる「NET119緊急通報システム」の運用...

苫小牧民報

5年生が弁当考案、地元食材で町アピール 児童が収穫した米、ジャガイモ使用..

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)の5年生は29日、町役場庁舎前で自分たちが収穫した米や野菜を使ったオリジナルの「上小弁当」を販売した。開店前から町民や役場職員らがずらりと並び、用意した40個...

日高報知新聞

海外文化を楽しもう【浦河】

 浦河町教委が主催し、浦河高校が協力の浦河高校連携講座「ハロウィンパーティー~海外文化を楽しもう~」が28日夜、親子ら19人が参加して町総合文化会館で開かれ、カボチャ提灯(ジャックオーランタン)を作り...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス